[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥は「ミニ・マイク・タイソン」!? 米リング誌に続き英専門誌の表紙にも登場

ボクシングWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は5月18日にスコットランド・グラスゴーで行われるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。決戦まで1か月を切り、現地もヒートアップしている。英国のボクシング専門誌が井上を表紙に抜擢。「ミニ・マイク・タイソン」と表現している。

井上尚弥【写真:Getty Images】
井上尚弥【写真:Getty Images】

米リング誌に続き英専門誌も表紙に抜擢

 ボクシングWBA世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は5月18日にスコットランド・グラスゴーで行われるワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦する。決戦まで1か月を切り、現地もヒートアップしている。英国のボクシング専門誌が井上を表紙に抜擢。「ミニ・マイク・タイソン」と表現している。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 英国に初上陸する“モンスター”。現地でもその注目度はうなぎ上りだ。WBSSの公式インスタグラムは「モンスターがボクシングマンスリー・オンラインの表紙に!!」とつづり、英専門誌「ボクシング・マンスリー」の最新号の表紙を公開している。

 大写しになった井上の試合中の1枚に重なるように「THE MINI MIKE TYSON」の文字。ヘビー級の伝説的王者、マイク・タイソン(米国)を彷彿とさせる強打の持ち主だと熱い視線を送っている。

 同誌は1989年に創刊。主に自国のボクサーを中心に世界的な有名選手を紹介しているが、これまでも井上には注目し続けてきた。過去には読者によるWBSSの優勝者予想も展開。圧倒的に「イノウエ」の名前が挙がるなど、その世界的な人気は身をもって感じているようだ。

 また権威ある米誌「リング」の表紙もすでに飾っており、ボクシング人気の高い英米で脚光を浴びる井上。WBSSの準決勝でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。楽しみでならない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集