[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

八村塁、NBA入り後の理想形は? 米メディアが類似点を指摘する現役プレーヤーとは

6月のNBAドラフトにアーリーエントリーすることを発表したゴンザガ大の八村塁。1巡目指名が確実視されるカレッジ界のスターだが、米メディアではNBA入り後、最高のシナリオと最悪のケースをそれぞれ予想している。

八村塁【写真:Getty Images】
八村塁【写真:Getty Images】

米メディアがドラフト候補を特集、八村は8番目で登場

 米プロバスケットボール(NBA)で6月に行われるドラフトにアーリーエントリーすることを発表したゴンザガ大の八村塁。1巡目指名が確実視されるカレッジ界のスターだが、米メディアではNBA入り後、最高のシナリオと最悪のケースをそれぞれ予想している。

【PR】「本当に助かりますね」と感謝 高木美帆選手も選んだスポーツブラ「CW-X」をもっと詳しく知るならこちら

「ザイオン・ウィリアムソンと2019年、他のトッププロスペクトにとっての最高と最悪のシナリオ」と特集したのは、米スポーツ専門メディア「ブリーチャー・レポート」だった。

 目玉中の目玉と目されるデューク大のザイオンら、上位指名が予想される18人の逸材について特集している。

 カレッジ最高のスモール・フォワードに与えられるジュリアス・アービング賞を受賞した「Rui Hachimura」は8番目で登場。同メディアによると、NBAのキャリアで「最高のケース」は「高質かつ、生産性の高い先発フォワード」としている。

 大学3年時に1試合平均19.7得点、シュート成功率59.1%というスタッツを残しているが、「ルイ・ハチムラは攻撃面では1シーズンを通じて支配を続けた。ほとんどがWCC(ウェスト・コースト・カンファレンス)の競争力の低い相手だった。シュートレンジを広げない限りは次のレベルはそう簡単にいかない」と分析している。ゴンザガ大の所属するWCCとNBAのレベルは段違いなだけに、カレッジでの活躍の再現は容易ではないという。

 204センチ、107キロという恵まれた体格を誇るが、「インサイドでエリート級の有効性を維持するためにはサイズと爆発力に欠ける」と課題も指摘。一方で八村には伸びしろが十分だという。

「キー(フリースローの円)周辺において、十分に危険なスコアラーに成長している」と評価しており、1対1、ジャンプショット、ポストプレーなど「力強いフィニッシュ能力」で特長を見せつけているという。

1 2
インターハイ(インハイ.tv) | スポーツブル(スポブル)
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プレミアリーグ8月10日開幕 DAZN独占配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集