[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

板橋の若者が右肩一本で成り上がり 「珍リフティング」ギネス記録に世界が称賛

東京・板橋の若者が右肩一本で世界の頂点に成り上がった。日本人が「肩リフティング」で1854回という驚異のギネス記録を達成。ギネスワールドレコードのYoutube公式チャンネルが動画付きで紹介し、スペイン紙「El Comercio」も特集すると、世界のファンから「コレ、最高!」と感嘆の声が上がっている。

「神の肩」で1854回“世界記録”に海外メディア特集&ファン反響「コレ、最高!」

 東京・板橋の若者が右肩一本で世界の頂点に成り上がった。日本人が「肩リフティング」で1854回という驚異のギネス記録を達成。ギネスワールドレコードのYoutube公式チャンネルが動画付きで紹介し、スペイン紙「El Comercio」も特集すると、世界のファンから「コレ、最高!」と感嘆の声が上がっている。

 なぜ、こんなことが可能なのか――。サッカー界のテクニシャンも驚くこと間違いなしの記録を達成したのは、日本の若者だった。ギネスワールドレコードは30日にYoutube公式チャンネルで動画を公開。驚異の“世界記録”達成の瞬間が収められている。

 公開された動画では、鏡張りの部屋で白いTシャツを着た若者が立っていた。そして、笛の合図とともに軽やかにサッカーボールを放り投げると、右肩を突き出し、ボールに当てた。ここから、歴史的な偉業への挑戦が始まった。

 ボールを30センチほどの高さで右肩でバウンドさせ、1秒間に3回程度のペースでリフティングを繰り返していく。目の前には審判員とみられる男性2人。緊迫感が伝わってくるが、ボールを落とすことなく、突き出した右肩でバウンドさせる。

 動画はまもなく早送りに。窓の外には電車も走り、日常の光景が広がっているが、挑戦の様子は真剣そのものだ。しかし、青年は右へ左へ前へ後ろへ、細かくステップを刻みながら、リフティングを続けた。

 早送りのまま30秒、40秒と時間が経過するが、一向に記録は途切れる様子がない。そして、1分、1分半……。どんどん時間は経過していく。いったい、いつまで失敗せず、記録は伸びるのか。しかし、終わりの時は意外な形で訪れた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集