[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

GG賞名手の“笑撃の珍事”の背後で… 敵軍リアクションに米反響「反応が面白すぎ」

米大リーグで本塁打性の当たりと読んでフェンスによじ登った外野手が目測を誤り、打球は手前に落下。結果、二塁打にしてしまうという珍プレーが話題を呼んでいるが、米メディアは“事件”を目前で見守っていた敵軍ブルペンのリアクションを取り上げ、動画付きで公開すると「リアクションが面白すぎ」と思わぬ反響が広がっている。

マルセル・オズナ【写真:Getty Images】
マルセル・オズナ【写真:Getty Images】

カ軍左翼手オズナの珍プレーを真後ろで目撃していたド軍ブルペンの反応は…

 米大リーグで本塁打性の当たりと読んでフェンスによじ登った外野手が目測を誤り、打球は手前に落下。結果、二塁打にしてしまうという珍プレーが話題を呼んでいるが、米メディアは“事件”を目前で見守っていた敵軍ブルペンのリアクションを取り上げ、動画付きで公開すると「リアクションが面白すぎ」と思わぬ反響が広がっている。

【PR】コパ・アメリカは「DAZN」独占配信! いまなら2か月無料キャンペーン実施中!

 誰よりも近い“目撃者”となった。9日(日本時間10日)のカージナルス―ドジャースの一戦だ。8回、ドジャースの6番・ヘルナンデスは大きなフライを放った。これに反応したのが、左翼手のオズナだ。打球を見て背走し、勢い良くフェンスをよじ登った。超ファインプレーに挑んだ、次の瞬間だ。

 打球は思ったほど伸びない。フェンス直撃どころから2~3メートル手前で落下。慌てたオズナはフェンスを飛び降り、打球に飛びついたが、時すでに遅し。勢い余って、儚くも転倒してしまった。思わぬ珍プレーに、誰より反応したのが、左翼フェンス後方にあるドジャースのブルペン内だった。

 見守っていた選手たちはオズナが捕球できない様子を見ると、思わず爆笑し、手を叩いて大喜び。予期せぬ形で生まれた味方の二塁打に歓喜していた。米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式インスタグラムはわざわざブルペン内を丸く切り取って動画付きで紹介していた。

 コメント欄では「ブルペンのリアクションが面白すぎ」「ふざけるのが好きなドジャース」と笑いを共有したファンがいた一方、試合は0-4で完敗したとあって「彼ら笑ってるけど、カージナルスの攻撃陣にやられてる」と厳しい声も。ゴールド・グラブ賞の経験もある名手オズナの“下がりすぎ”が生んだ珍場面は思わぬ反響を呼んだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
今なら特設サイトからDAZN加入で2か月無料!
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集