[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

編集疑惑も発生!? 巨漢左腕の“動く160キロ直球”が再生300万超「本物に見えない」

米大リーグで体重111キロの巨漢左腕が99.4マイル(約160キロ)の剛速球を鋭く変化させ、空振り三振を奪う圧巻のシーンが発生。実際のシーンをMLBがSNSで公開し、大反響を集めていたが、再生回数は驚異の300万回を突破し、開幕早々の“バズ状態”に。ファンからは“編集疑惑”の声も上がるなど「どんな魔術?」「本物に見えない」と目を疑っている。

ホセ・アルバラド【写真:Getty Images】
ホセ・アルバラド【写真:Getty Images】

レイズ左腕アルバラドが投じた“直球”が反響拡大「どんな魔術?」

 米大リーグで体重111キロの巨漢左腕が99.4マイル(約160キロ)の剛速球を鋭く変化させ、空振り三振を奪う圧巻のシーンが発生。実際のシーンをMLBがSNSで公開し、大反響を集めていたが、再生回数は驚異の300万回を突破し、開幕早々の“バズ状態”に。ファンからは“編集疑惑”の声も上がるなど「どんな魔術?」「本物に見えない」と目を疑っている。

【特集】「自分がそこで負けないこと」 なでしこジャパンで立つ“夢舞台”へ秘める闘志 / 女子サッカー 清水梨紗選手インタビュー(GROWINGへ)

 開幕早々、衝撃の1球となった。話題の主は、レイズのホセ・アルバラド投手。3日(日本時間4日)のロッキーズ戦で、その場面は訪れた。0-0の8回から3番手で登板し、先頭から2者連続三振を奪い、迎えたブラックモンとの対戦。カウント1-2と追い込み、投じた4球目だ。セットポジションから183センチ、111キロの巨漢を揺らし、左腕を豪快に振った。

 放たれたのは左打者の膝元を突く、ストライクゾーンの剛速球。追い込まれていたブラックモンは当然、打ちにかかる。しかし、だ。ベース手前で白球は動いた。鋭く内角に食い込む。これには打者も反応しきれず、バットは空を切った。捕手が捕球したのはボール2個分外れたボール球だったが、それでも160キロの速球で変化するのだから無理もない。

 MLB公式サイトによれば、99.4マイルを計測し、球種はフォーシーム(直球)と記録されている。MLBは公式ツイッターとインスタグラムで「99マイルの球は、普通はこんな風に動かないはず」と驚きの一言とともに、動画付きで公開。目の当たりにした米ファンから驚きの声が続々と上がっていたが、再生回数は合わせて300万回を超える事態となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集