[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラー、“ネット際の神反応”が月間NO1打候補に 実況興奮「冗談でしょ?」

男子テニスのマイアミ・オープンを制し、ツアー通算101勝目を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)。衰え知らずの37歳は大いに大会を盛り上げたが、準々決勝で演じた“ネット際の超反応”が海外メディアが選んだ3月の月間ベストショット候補に。実況が「冗談でしょう?」と驚きの声を上げる一撃だった。

ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
ロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

アンダーソン戦で演じた超絶ラリーが「テニスTV」の3月ベストショット候補に

 男子テニスのマイアミ・オープンを制し、ツアー通算101勝目を飾ったロジャー・フェデラー(スイス)。衰え知らずの37歳は大いに大会を盛り上げたが、準々決勝で演じた“ネット際の超反応”が海外メディアが選んだ3月の月間ベストショット候補に。実況が「冗談でしょう?」と驚きの声を上げる一撃だった。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 37歳のフェデラーに「衰え」の概念は存在しない。そう思いたくなるプレーを演じたのは、準々決勝のケビン・アンダーソン(南アフリカ)戦、第1セット第5ゲームのアンダーソンのサーブで始まったラリーだ。

 フェデラーは一瞬の判断で一気にネット際に出た。前進しながら苦しい体勢で1本目を拾うと、2本目の強打も即座に反応。これにアンダーソンが前進すると、ネット際で互いに打ち合いに。しかし、フェデラーは体を狙って来られても37歳とは思えない反応とキレで返し続け、最後は相手の隙を突き、ふわりとしたショットをコート隅に決めてみせたのだ。

 会場も総立ちとなった一撃をATP公式中継サイト「テニスTV」はこのほど、3月の月間ベストショット候補5本に選出し、公式インスタグラムで当時の動画を公開。多くのファンからフェデラー推しの声が上がった。

 また、当時のシーンでは実況席も大興奮。「冗談でしょう? 近い距離での打ち合いです」と実況が驚きの声を上げると、解説も「今週、年間最優秀ポイントの一つ、キリオスとチョリッチの打ち合いを観ましたが、これもそれと同じです! 最初のフェデラーの素晴らしいボレー」と“ポイント・オブ・ザ・イヤー級”と評し、絶賛のコメントを並べた。

 この試合を6-0、6-4で圧勝し、一気に頂点まで駆け上がったフェデラー。ジミー・コナーズが持つツアー最多勝利記録の109勝到達も、こんなプレーなら不可能ではないと思えてくる。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集