[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

衝撃KOの20歳ガルシア、メイウェザー秘蔵っ子と舌戦展開「お前が最強ではない」

米ボクシング界のプロスペクト、ライアン・ガルシアが3月30日(日本時間31日)のライト級10回戦(米カリフォルニア州)でホセ・ロペス(プエルトリコ)を圧倒。2回終了TKOで、デビューからの連勝を18(15KO)に伸ばした。自身のインスタグラムで2回終盤に左右のラッシュ26連発でダウンを奪うシーンを動画で公開するや、再生回数が190万回を超えるなど大反響を呼んでいる。試合後にはWBAスーパーフェザー級ガーボンタ・デービスとSNS上で舌戦を展開。米メディアも取り上げるなど、夢の対決実現に注目が集まっている。

ライアン・ガルシア(左)とガーボンタ・デイビス【写真:Getty Images】
ライアン・ガルシア(左)とガーボンタ・デイビス【写真:Getty Images】

猛ラッシュで圧倒したガルシア、試合後にはWBA王者デービスと舌戦

 米ボクシング界のプロスペクト、ライアン・ガルシアが3月30日(日本時間31日)のライト級10回戦(米カリフォルニア州)でホセ・ロペス(プエルトリコ)を圧倒。2回終了TKOで、デビューからの連勝を18(15KO)に伸ばした。自身のインスタグラムで2回終盤に左右のラッシュ26連発でダウンを奪うシーンを動画で公開するや、再生回数が190万回を超えるなど大反響。試合後にはWBA世界スーパーフェザー級王者ガーボンタ・デービスとSNS上で舌戦を展開。米メディアも取り上げ、夢の対決実現に注目が集まっている。

【特集】オリンピックは「5回くらい出たい」 “想像の先”を歩き続ける成長物語 / 卓球 張本智和選手(GROWINGへ)

 2ラウンド、2分20秒過ぎ。20歳ガルシアが怒涛のラッシュで試合を決めた。右のオーバーハンドが号砲だ。ここから右のショートフックでぐらつかせると、もう止まらない。左右26連打でダウンを奪った。ロペスも何とか立ち上がり、間もなくのゴングに救われたが、3ラウンドが始まる前に棄権。わずか360秒で試合を終わらせ、連勝を18に伸ばした。

 スーパーフェザー級を主戦場にするガルシア。伊藤雅雪(伴流)が王者のWBOでは1位に、そしてデービスが王者のWBAでは3位で、世界挑戦が射程圏に入っている。過去にはキックボクシング界の“神童”那須川天心に挑戦状を送ったことも話題になっていたが、今度はデービスと舌戦を繰り広げている。

 米専門メディア「ボクシングニュース24」が、両者のツイッター上でのバトルを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
GW世界最高峰のサッカーがDAZN独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集