[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

中村俊輔、伝説アウトサイドドライブ弾をもう1度 現地脚光「エリアの遥か外から…」

海外サッカー、スコットランドリーグ最大のダービーマッチ(オールドファーム)、セルティックとレンジャーズの一戦はセルティックが2-1で勝利した。セルティックでは、かつて中村俊輔(現ジュビロ磐田)もプレーしたが、現地メディアは2008年に決めた超スーパーゴールに脚光を浴びせている。

セルティック所属時の中村俊輔【写真:Getty Images】
セルティック所属時の中村俊輔【写真:Getty Images】

11年前のオールドファームで決めた一撃を現地メディアが脚光

 海外サッカー、スコットランドリーグ最大のダービーマッチ(オールドファーム)、セルティックとレンジャーズの一戦はセルティックが2-1で勝利した。セルティックでは、かつて中村俊輔(現磐田)もプレーしたが、現地メディアは2008年に決めた超スーパーゴールに脚光を浴びせている。

【特集】「自分がそこで負けないこと」 なでしこジャパンで立つ“夢舞台”へ秘める闘志 / 女子サッカー 清水梨紗選手インタビュー(GROWINGへ)

 今でも興奮が蘇ってくる。2008年4月のダービーマッチ。中村はピッチ中央でパスを受け、ワントラップでボールをコントロール。距離は約30メートルあったが、思い切って左足を振り抜いた。アウトサイドにかかったシュートは、左に曲がりながら落ちていく。

 一瞬逆を突かれたような格好となったGKは飛びつくが、触ることができない。美しい軌道を描きゴールネットに突き刺さった。

 語り継がれる11年前の一撃を、英衛星放送「スカイスポーツ」のスコットランド版ツイッターが動画で公開。「2008年の4月に、リーグタイトル獲得に向けて重要な2-1の勝利をセルティックもたらした、ペナルティーエリアの遥か外からシュンスケ・ナカムラが決めた、この大きく曲がるハーフボレー」とつづり、再び脚光を浴びせている。

 中村はスコットランドで4シーズンプレー。未だに現地ではレフティーの記憶が強く刻まれている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
南米各国代表も、日本代表も、全試合DAZN独占 COPA AMERICA BRASIL 2019
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集