[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「2分38秒の沈黙」が生んだ感動 イチロー最後の瞬間、米実況が添えた“粋な演出”

21日に行われた米大リーグのアスレチックス戦をもって引退することを発表したマリナーズのイチロー外野手。現役最終戦は8回の守備から退き、大歓声の中でチームメートがベンチ前で出迎え、一人一人と抱擁を交わしたシーンは大きな感動を呼んだ。試合を米国で中継したスポーツ専門局「ESPN」の実況は2分38秒に渡って沈黙する“粋な演出”を加えていた。

21日のアスレチックス戦でグラウンドを去るイチロー【写真:Getty Images】
21日のアスレチックス戦でグラウンドを去るイチロー【写真:Getty Images】

ESPN実況アナが「これが最後の時です」を最後に2分38秒に渡って沈黙する演出

 21日に行われた米大リーグのアスレチックス戦をもって引退することを発表したマリナーズのイチロー外野手。現役最終戦は8回の守備から退き、大歓声の中でチームメートがベンチ前で出迎え、一人一人と抱擁を交わしたシーンは大きな感動を呼んだ。試合を米国で中継したスポーツ専門局「ESPN」の実況は2分38秒に渡って沈黙する“粋な演出”を加えていた。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 言葉なんか、要らなかった。8回、サービス監督がベンチから球審のもとに歩み寄ると、ライトを指さした。イチロー、交代――。この時、すでにこの試合限りで引退するとの報道が日米で流れていた。つまり、これが“最後の瞬間”になる。球場内にざわめきと歓声が交錯した。背番号51は悟ったように頷き、右翼席のファンに手を挙げて応えた。

 このシーン、ESPNの実況は「ちょっと待ってください。スコット・サービスが出てきました」と第一声。「マリナーズ選手が集まります。重大な瞬間となりそうです」と言い、イチローがベンチに向かって歩き始めると「これがメジャーのフィールドから去る、最後の時です」と覚悟したかのように言った。そして、これを最後に言葉が途切れた。

 イチローがベンチに戻り、一人一人と抱擁を交わす。その間も実況は一切の言葉を挟まない。球場内の声援だけが響き、時折イチローの声がマイクに拾われる。そして、涙の菊池雄星ら全選手との時間を終えると「一人ずつ……(抱擁)」と口を開くと「東京ドームすべてのファンと最後のサヨナラです」と情緒たっぷりに話し、情景を伝えていた。

 感動の瞬間に言葉は要らない。それを証明するかのように、粋な演出を施した。ESPNは公式ツイッターで「レジェンドへ最後のサヨナラ。イチローが東京の観衆に挨拶。最後のMLBゲームから去る」と題し、実際のシーンを動画付きで公開。ネット上では日本のファンの間でイチローに対する敬意が伝わる実況の振る舞いに反響の声も上がっていた。

 日米の野球界の歴史上に刻まれるレジェンドの“最後の瞬間”。そのシーンはイチローを愛する人すべてにとって、生涯忘れられない記憶として刻まれた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集