[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥はヘビー級王者超え!? 最強パンチャー1位に英抜擢「正当に評価されるべき」

ボクシングのワールド・スーパー・ボクシング・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月17日・グラスゴー)でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。17戦全勝15KOと圧倒的な強さは階級を超えて評価を高めているが、英メディアが破壊力を比較した「最強パンチャーパウンド・フォー・パウンド(PFP)」でなんと1位に抜擢。現役ヘビー級王者を抑え、モンスターの破壊力が絶賛されている。

WBA王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
WBA王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

英メディアのPFP企画でGGG、ワイルダーらを抑えて1位選出

 ボクシングのワールド・スーパー・ボクシング・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝(5月17日・グラスゴー)でIBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対戦するWBA王者・井上尚弥(大橋)。17戦全勝15KOと圧倒的な強さは階級を超えて評価を高めているが、英メディアが破壊力を比較した「最強パンチャーパウンド・フォー・パウンド(PFP)」でなんと1位に抜擢。現役ヘビー級王者を抑え、モンスターの破壊力が絶賛されている。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 日本が生んだボクシング界の怪物。海外では、敬意を持って「The Monster」と表される井上が、ボクシングが盛んな英国で高い評価を受けている。「今日のパウンド・フォー・パウンド最強パンチャートップ10」とのタイトルで特集を組んだのは、英スポーツ専門ラジオ局「トークスポーツ」電子版だった。

 記事では、同局のジョー・コールマン記者が「純粋な腕力とパワーのみにフォーカスしたパウンド・フォー・パウンドのランキング」を選出し、トップ10を発表。7位の世界3団体ヘビー級王者アンソニー・ジョシュア(英国)、5位の元IBF世界ミドル級王者デービッド・レミュー(カナダ)ら、世界のハードパンチャーが並んでいる。

 トップ3には3位の「GGG」こと、元ミドル級3団体統一王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)、2位にはWBC世界ヘビー級王者デオンテイ・ワイルダー(米国)が君臨しているが、彼らも1位ではない。ランキングのトップに記されている名前は「Naoya Inoue」だった。

「ナオヤ・イノウエは、ボクシング界の主要な話題に挙がる名前ではないかもしれないが、“モンスター”の異名を取る男は、彼が持つ信じられないパワーによって正当に評価されるべきだろう」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集