[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

トルソワ×シェルバコワ、異次元4回転バトルに露メディア「圧倒的に男子より難しい」

フリーはトルソワが3本、シェルバコワが2本の4回転を予定

 さらに、同紙は4回転ジャンプの激突にもフォーカス。昨年の世界ジュニアで当時13歳だったトルソワが2本の4回転ジャンプを成功させたことに触れた上で「1年で状況は変わらなかった。トルソワとシェルバコワのフリーは圧倒的に大部分のロシア男子選手のものより難しい。4回転ルッツで14歳の少女たちと競争できるかもしれないアレクサンドル・サマリンを除いては」と男子を凌駕するハイレベル決戦を想定している。

【特集】オリンピックに繋がる大会に おりひめジャパンが目指す世界選手権とその先 / 女子ハンドボール日本代表インタビュー(GROWINGへ)

 また、ロシアメディア「sports.ru」も2人にフォーカス。今大会でトルソワは3本の4回転、シェルバコワは2本の4回転を予定していることに言及。「ロシアのフィギュスケーター、トルソワとシェルバコワがジュニア世界選手権で、合計で5回の4回転ジャンプを跳ぶことを予定している」と驚きをつづっている。

 内訳はトルソワが4回転ルッツ、4回転トウループ、4回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプ、シェルバコワが4回転ルッツと4回転ルッツ―3回転トウループの連続ジャンプを予定しているという。男子でも高難度の4回転ルッツからのコンビネーションの応酬が見られるのか。異次元のハイレベル決戦は8日のショートプログラム(SP)から始まる。

(THE ANSWER編集部)

プロ野球徹底ライブ中継&見逃し配信

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集