[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

フェデラーが今思う全仏回避の“是非”「後悔は全くない」 その理由とは?

7月のウィンブルドン開幕を前に男子テニスの「ゲリー・ウェバー・オープン」が19日に開幕する。世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)は大会前、同9位の錦織圭(日清食品)と調整を敢行。全仏オープン回避を選択し、前回の復帰戦は初戦敗退となったが「後悔したことは全くない」と話し、復調に向けて意気込んでいる。ATP公式サイトが伝えた。

全仏回避のち初戦敗退…復帰2戦目に挑む35歳王者「目標に妥協したくなかった」

 7月のウィンブルドン開幕を前に男子テニスの「ゲリー・ウェバー・オープン」が19日に開幕する。世界ランキング5位のロジャー・フェデラー(スイス)は大会前、同9位の錦織圭(日清食品)と調整を敢行。全仏オープン回避を選択し、前回の復帰戦は初戦敗退となったが「後悔したことは全くない」と話し、復調に向けて意気込んでいる。ATP公式サイトが伝えた。

 フェデラーはクレーコートシーズンの休養から復帰戦となったメルセデス・カップでまさかの初戦敗退を喫した。それだけに今大会はウィンブルドンに向け、大事な実戦機会となる。

 記事によると、初戦敗退を含め、このように話している。

「試合は2-6、2-6というスコアで負けたわけではないとはいえ、すべてがまだまだだった。復帰戦とは全く簡単なものではないね、特に余裕が本当に少ない芝のコートではなおさら」

 大会前には日本人ファンにとって、たまらない“競演”で調整を行った。錦織が自身の公式アプリを17日に更新。11秒間にわたる動画では芝コートでフェデラーとラリーを展開する練習風景を紹介した。

「今日はロジャーといい練習ができました。まるで火曜日に控える初戦のような形です」と錦織本人も英語でコメントを記載し、そろって出場する2人がコンディションを上げようと努める様子だった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集