[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベ、復活のSP首位発進に露メディアも賛辞「世界選手権に踏みとどまった?」

フィギュアスケートのロシア杯ファイナルは21日(日本時間22日)、女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワが76.89点で首位発進となった。不振に喘いでいた女王の復活に対し、母国のロシアメディアも「メドベージェワが今シーズン初めての理想的な滑り」と復調を評価している。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

母国メディアも復調を評価「申し分のない滑りをどこか過去から持ってきた」

 フィギュアスケートのロシア杯ファイナルは21日(日本時間22日)、女子ショートプログラム(SP)で平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワが76.89点で首位発進となった。不振に喘いでいた女王の復活に対し、母国のロシアメディアも「メドベージェワが今シーズン初めての理想的な滑り」と復調を評価している。

【特集】日本のエースはなぜ畳に上がるのか 「勝ち続けることで違う境地に」 / 男子柔道・大野将平インタビュー(GROWINGへ)

 復活を予感させる華麗な舞いにロシアが沸いた。メドベージェワは深紅の衣装に身を包み、冒頭の3回転フリップ―3回転トウループを綺麗に着氷させると、以降も2本のジャンプをミスなく決め、高得点をマーク。12月のロシア選手権は14位と出遅れたSPで“らしさ”を取り戻し、演技後はガッツポーズも飛び出した。

 米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は自身のツイッターで“完璧ジャンプ3連発”を動画付きで公開するなど、復調ぶりに大きな注目が集まっていたが、母国のロシアメディアも熱視線を寄せている。「sports.ru」は「メドベージェワが今シーズン初めての理想的な滑り。世界選手権へ向け、一歩踏みとどまったか?」と見出しを打って特集した。

 今季初めてミスのなく滑ったことを伝えた上で「フリップとトウループの連続ジャンプにアクセル、ループ……以前はどれかのジャンプが必ずうまくいかなかったりしたが、今日は申し分のない滑りをどこか過去から持ってきた。今日彼女は単純に平穏に、そして平和的に滑った」と本来の安定感ある演技を称えた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集