[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メドベ、復活のSP首位発進に露メディアも賛辞「世界選手権に踏みとどまった?」

メドベ本人の評価は? 「『こんにちは“ミスター恐怖”』と…」

 一方で「もちろん、これはメドベージェワが明日簡単に勝ってカナダに戻り、世界選手権へ向けてプログラムの調整をする状況になることを保証しない」と言及。「今日、技術点で彼女はグバノワとコンスタンティノワに負けていた。それにフリーで彼女の基礎点はトップ5にさえ入っていない。すべての望みは構成点に関する部分にかかってくる」と課題を挙げた。

【特集】若き天才ジャンパーはなぜ飛躍したのか 快挙の裏にあったメンタルの成長 / 男子スキージャンプ・小林陵侑インタビュー(GROWINGへ)

 ただ、本人自身は手応えを感じているようだ。スポーツ紙「スポルトエクスプレス」によると「もちろん、スタートまでナーバスになりました。恐怖、動揺、疑い。普通の人々のようにそれらを想像しました。でも、何とか『こんにちは“動揺”、こんにちは“ミスター恐怖”』と言うことができました」とプレッシャーに打ち勝ったことを明かした。

「実際、単純に大会から悲しい気持ちで去るのに飽きていました。滑りにではなく、自分の肩にプレッシャーを感じなかったのが嬉しかった」と語り、気持ちはハッピーかと問われると「今日は問題なかったです、スーパーハッピーだとは言いませんが。でも今のところ(SP)80点を待たないようにしましょう、私は得点に満足です。ジャッジは客観的です」と話したという。

 まずは得点よりも重圧を感じず、らしさを取り戻したことが何よりの収穫。逆転の世界選手権(3月・埼玉)出場へ、間もなく始まるフリーは大きな見ものとなりそうだ。

(THE ANSWER編集部)

ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集