[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、鮮やか逆転劇の裏側で… 起きていた大会史上初の珍事とは?

フィギュアスケートの四大陸選手権は8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、グランプリ(GP)ファイナル女王でショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(関大KFSC)は153.41点、合計221.99点で逆転優勝を飾った。SPでの5点差をひっくり返しての圧巻の逆転劇だったが、2位のエリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)もSP6位から浮上。3位の三原舞依(シスメックス)もSP8位から完璧な演技で3位まで巻き返した。

圧巻の逆転劇を見せた紀平梨花【写真:Getty Images】
圧巻の逆転劇を見せた紀平梨花【写真:Getty Images】

SP上位3人がフリーですべて入れ替わるのは大会史上初

 フィギュアスケートの四大陸選手権は8日(日本時間9日)、女子フリーが行われ、グランプリ(GP)ファイナル女王でショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(関大KFSC)は153.41点、合計221.99点で優勝を飾った。SPでの5点差をひっくり返した圧巻の逆転劇だったが、2位のエリザヴェート・トゥルシンバエワ(カザフスタン)もSP6位から、3位の三原舞依(シスメックス)もSP8位から3位まで巻き返した。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

 冒頭で代名詞のトリプルアクセルを完璧に着氷させ、ミスのない演技で頂点に立った紀平。冒頭で4回転サルコーに挑戦した2位のトゥルシンバエワ。完璧な演技だった3位の三原もそれぞれ不本意だったSPから見事に巻き返した。

 一方でSPの上位3選手はよもやの結果に。首位ブレイディ・テネル(米国)はフリーで128.16点、合計202.07点で5位。2位から大会連覇を目指した坂本花織(シスメックス)も206.79点で4位。SP3位のマライア・ベル(米国)もミスが出て6位と順位を落としてしまった。

 SPとフリーで上位陣総入れ替え。これは米国の名物記者ジャッキー・ウォン記者のツイートによると、大会史上初めてという。紀平、三原の見事な巻き返しが、歴史に残る逆転劇を演出していた。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集