[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

キャブズ、「王者のDNA」発揮で無敗V阻止 NBA“奇跡の逆転優勝”再現なるか

NBAファイナルは9日(日本時間10日)に第4戦が行われ、クリーブランド・キャバリアーズが137-116でゴールデンステイト・ウォリアーズを下し、シリーズ初勝利を挙げた。史上初の無敗Vを阻止し、今ファイナルの通算成績は1勝3敗。同じ顔合わせとなった昨年のファイナルでは史上初となる1勝3敗からの逆転優勝を果たしており、NBA公式サイトは「歴史的な巻き返しなるか?」と報じた。

NBAファイナル第4戦、ジェームズがトリプルダブルで15連勝ウォリアーズに土

 NBAファイナルは9日(日本時間10日)に第4戦が行われ、クリーブランド・キャバリアーズが137-116でゴールデンステイト・ウォリアーズを下し、シリーズ初勝利を挙げた。史上初の無敗Vを阻止し、今ファイナルの通算成績は1勝3敗。同じ顔合わせとなった昨年のファイナルでは史上初となる1勝3敗からの逆転優勝を果たしており、NBA公式サイトは「歴史的な巻き返しなるか?」と報じた。

 キャバリアーズにとって、記録ずくめのゲームだった。

 崖っぷちに追い込まれて迎えた第4戦は、立ち上がりからエンジン全開。第1クォーターで49得点と大爆発を見せると、前半だけで86得点、試合全体で24本の3点シュートを決めるなど次々にファイナル記録を更新した。一度もリードを与えない盤石の試合運びで、15連勝中だったウォリアーズに土をつけた。

 “キング”ことレブロン・ジェームズは31得点、11アシスト、10リバウンドとチームを牽引。往年の名選手マジック・ジョンソン(元レイカーズ)を抜いて、ファイナル史上最多となる9度目のトリプルダブル(3部門で2桁)を達成した。

 ポイントガードのカイリー・アービングは「生死をかけた戦いだった」と、プレッシャーがかかっていたことを明かす。それでも、正念場で踏みとどまり、勝利をもぎ取った。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集