[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

坂本花織、完璧演技を米記者絶賛「美しいスケーティング」 海外ファンも称賛続々

フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、女子のショートプログラム(SP)で前回大会優勝の坂本花織(シスメックス)が73.36点で2位発進を決めた。首位はブレイディ・テネル(米国)で73.91点。SPシーズンベストをマークした坂本に、米記者も喝采を上げている。

坂本花織【写真:Getty Images】
坂本花織【写真:Getty Images】

坂本は圧巻の演技でSP自己ベストをマーク

 フィギュアスケートの四大陸選手権は7日(日本時間8日)、女子ショートプログラム(SP)で前回大会優勝の坂本花織(シスメックス)が73.36点で2位発進を決めた。首位はブレイディ・テネル(米国)で73.91点。SPシーズンベストをマークした坂本に、米記者も喝采を上げている。

【特集】「風を切る音が心地良くて」 最強レーサーが車いす陸上に魅了された理由 / 車いす陸上 佐藤友祈選手(GROWINGへ)

 全日本女王は完璧だった。坂本は冒頭の3回転フリップ―3回転トーループを着氷させると、続くダブルアクセルも綺麗に決めた。後半の3回転ループでもしっかりとGOE(出来栄え点)で加点を得る、見事な演技だった。

 米国の名物記者ジャッキー・ウォン氏は自身のツイッターで「カオリ・サカモト 3F3T,2A,3Lo 美しいスケーティング」と速報。見事な演技に拍手を送ると、コメント欄でもファンが喝采。「ループの出だしは華麗だった」「彼女は夢のように滑っていた」「私は彼女のジャンプが大好き。内容のあるSPだった」「ゴージャス」「スピードと上品さのコンビは本当に信じられない」など称賛のコメントが続々つけられていた。

 紀平梨花(関大KFSC)は、68.85点で5位、三原舞依(シスメックス)は65.15点で8位だったが、十分に巻き返せる得点差。フリーの演技に期待したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
伝統の一戦、今年はダゾーンで! 徹底ライブ中継&見逃し配信
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集