[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

マレー、まさかの「僕は蚊帳の外」発言 4強面々に自嘲「彼らは凄まじく好調だ」

テニスの全仏オープン男子シングルス準々決勝で世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)を破り、4強進出を決めた同1位のアンディ・マレー(英国)。第1セットを落としながら逆転勝ちを果たしたマレーだが、準決勝で対戦する同3位スタン・ワウリンカ(スイス)に加え、同4位ラファエル・ナダル(スペイン)、同7位ドミニク・ティエム(オーストリア)の充実ぶりから、4強の面々について「自分は蚊帳の外」と自嘲している。

全仏オープン、錦織撃破で4強もナダルら好調な強敵ズラリ「なんとか食らいつく」

 テニスの全仏オープン男子シングルス準々決勝で世界ランキング9位の錦織圭(日清食品)を破り、4強進出を決めた同1位のアンディ・マレー(英国)。第1セットを落としながら逆転勝ちを果たしたマレーだが、準決勝で対戦する同3位スタン・ワウリンカ(スイス)に加え、同4位ラファエル・ナダル(スペイン)、同7位ドミニク・ティエム(オーストリア)の充実ぶりから、4強の面々について「自分は蚊帳の外」と自嘲している。

「全仏オープン2017 アンディ・マレーは好調のスタン・ワウリンカを倒す方策を探す」と特集したのは、英公共放送BBCだ。

 英国の英雄は錦織を倒し、ワウリンカの待つ4強に駒を進めた。マレーは昨年も準決勝でワウリンカと対戦。撃破こそしたが、決勝で世界ランク2位ノバク・ジョコビッチ(セルビア)に敗れ、準優勝に終わっていた。

「勝利に必要なことだけに集中するときもある。良いプレーかどうか、プレーのレベル、という点は関係ない」

 内容にこだわる段階ではない。勝利こそ全てだと世界NO1の男は語っている。

 マレーは今季、故障と病気というトラブルと戦ってきた。獲得したタイトルは2月のドバイ選手権のみ。全仏に合わせてコンディションを一気に上げてきたが、4強進出のライバルと比較できるレベルではないという。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
ジャパンラグビートップリーグ2020 1月12日(日)開幕
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集