[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

愛くるしい伏兵が全仏Vへ 34年ぶりノーシード決勝 シンデレラ物語の結末は

大会も佳境に突入したテニスの全仏オープン。女子シングルスではノーシードから決勝進出を果たした20歳の愛くるしいルックスのダークホースが主役となった。ラトビアから現れた新星に、大会公式サイトも大注目している。

全仏女子シングルス、ラトビア出身の20歳新鋭がノーシードでV王手の快進撃

 大会も佳境に突入したテニスの全仏オープン。女子シングルスではノーシードから決勝進出を果たした20歳の愛くるしいルックスのダークホースが主役となった。ラトビアから現れた新星に、大会公式サイトも大注目している。

 ローラン・ギャロスの地で躍進を果たしているのは、ラトビア出身のエレナ・オスタペンコだ。

 世界ランキング47位につける若手有望株は、記念すべき20歳の誕生日だった8日、準決勝で世界31位ティメア・バシンスキー(スイス)を7-6、3-6、6-3とフルセットで破り、ファイナルに駒を進めた。

 英公共放送「BBC」によると、全仏オープン女子シングルスでノーシードの選手が決勝進出を果たすのは、1983年大会の旧ユーゴスラビアのミマ・ヤウソベッツ以来、実に34年ぶりの快挙となった。

 大会公式サイトの特集では「ラトビア勢としては3年前の同大会の男子でエルネスト・ガルビスが準決勝進出したことがあるが、今回は新たなレベルへとたどり着いた」と同国史上初の快挙を称えている。

 歴史的な快挙を果たした20歳の新星は準決勝後の会見で、母国のテニス環境を明かしたという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集