[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

15連勝ウォリアーズ、NBA初の無敗V王手 敵の“キング”も脱帽「最も規格外だ」

NBAファイナルは7日(日本時間8日)に第3戦が行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズが118-113でクリーブランド・キャバリアーズを下し、シリーズ3連勝で2年ぶりの優勝に王手をかけた。NBA史上、プレーオフ無敗で王者となったチームはなく、NBA公式サイトは「ウォリアーズ、完璧なポストシーズンまであと1勝」と報じている。

NBAファイナル第3戦、残り45秒でデュラントの決勝シュートが炸裂で逆転勝利

 NBAファイナルは7日(日本時間8日)に第3戦が行われ、ゴールデンステイト・ウォリアーズが118-113でクリーブランド・キャバリアーズを下し、シリーズ3連勝で2年ぶりの優勝に王手をかけた。NBA史上、プレーオフ無敗で王者となったチームはなく、NBA公式サイトは「ウォリアーズ、完璧なポストシーズンまであと1勝」と報じている。

 2015-16シーズンに、NBA記録となるシーズン73勝を挙げたウォリアーズに、新たな勲章が加わるかもしれない。

 敵地クリーブランドに移って迎えた第3戦は、大差をつけて勝利した過去2試合とは異なり苦戦。前半こそ6点リードで折り返したが、第3クォーターで22-33と圧倒された。最終クォーター残り3分9秒、JR.スミスに3点シュートを決められた時点で107-113と6点ビハインド。しかし、ここからステフィン・カリーとケビン・デュラントのコンビで4連続得点を奪うと、残り45秒にデュラントが逆転の3点シュートを沈め、大きな1勝を挙げた。

 第1戦で38得点、第2戦も33得点を挙げたデュラントは、この日も31得点をマーク。最終クォーター残り2分18秒からの11-0の猛攻を牽引し、鮮やかな逆転劇を演じた。中でも“キング”ことレブロン・ジェームズの一瞬の隙を見逃さずに決めた3点シュートは圧巻で、NBA公式サイトは「まさにスーパースターのショット」と表現。対戦相手のカイリー・アービングも「デュラントは信じられないような決勝シュートを決めた」と称賛するコメントを伝えている。

1 2 3
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」はプロ野球ライブ中継&見逃し配信
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集