[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大坂なおみは「現代っ子女王」か “ゲーム好き新世代”に米誌脚光「選ばれし存在だ」

テニスの4大大会・全豪オープンは26日、女子シングルス決勝で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同6位ペトラ・クビトバ(チェコ)を7-6、5-7、6-4で破り、日本人初優勝。全米オープンに続く連覇を達成し、男女を通じてアジア人で初となる世界ランク1位になることが確定した。かつて人気アニメ「ポケモン」のテーマソングを会見で引用して話題を呼ぶなど、天真爛漫なナオミ節をトレードマークとする新女王に、米メディアは「ジェネレーションZの王者」と注目している。

全豪オープン優勝を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】
全豪オープン優勝を果たした大坂なおみ【写真:Getty Images】

ゲーム、アニメ、SNS…新女王の現代的嗜好を米老舗誌が特集「Z世代の王者」

 テニスの4大大会・全豪オープンは26日、女子シングルス決勝で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同6位ペトラ・クビトバ(チェコ)を7-6、5-7、6-4で破り、日本人初優勝。全米オープンに続く連覇を達成し、男女を通じてアジア人で初となる世界ランク1位になることが確定した。かつて人気アニメ「ポケモン」のテーマソングを会見で引用して話題を呼ぶなど、天真爛漫なナオミ節をトレードマークとする新女王に、米メディアは「ジェネレーションZの王者」と注目している。

【特集】「空手=無骨というイメージを覆したい」若き王者が抱いた使命感とは / 空手 西村拳選手(GROWINGへ)

 世界中のメディアが大坂のNO1奪取を報じる中、米スポーツ界で最も権威を持つ雑誌「スポーツ・イラストレイテッド」も「ナオミ・オオサカ、次なるテニス界の女王が全豪オープン優勝でスーパースターの座を確実なものとする」という見出しで特集。記事では「ナオミ・オオサカはジェネレーションZのチャンピオンだ」と評した。

 米国では60年代から70年代生まれの世代を「ジェネレーションX」と呼び、「ジェネレーションY」「ミレニアル世代」に続き、90年代後半から2000年代に生まれた世代は「ジェネレーションZ」と定義されている。幼少時からインターネット、コンピューターに慣れ親しんだ新世代の象徴として「Naomi Osaka」が君臨するというのだ。

「彼女は昨年インディアンウェルズで初タイトルを手にした後、彼女は自分自身をケーブマン・スポンジ・ボブを引き合いに出した。その後、数か月間オーバーウォッチについての(SNSの)投稿を行った」

 特集では、世界的な人気を誇るアニメキャラや人気対戦型ゲームへの愛情を隠さない大坂の素顔を紹介した上で、かつて記者会見でポケモンのテーマソングからコメントを引用した天然エピソードにも再びスポットライトを当てている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集