[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松岡修造氏、涙の大坂&クビトバ両者に賛辞「お互いの心が1つになった最高の試合」

テニスの4大大会・全豪オープンは26日、女子シングルス決勝で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同6位ペトラ・クビトバ(チェコ)に7-6(7-2)、5-7、6-4で破り、日本人初優勝の偉業を果たした。敗れたクビトバも第2セットの崖っぷちから怒涛の追い上げを演じ、歴史的死闘となった。試合後は互いに涙を流した両者に対し、松岡修造氏も「お互いの心が1つになった最高の試合」と賛辞を送っている。

大坂なおみに賛辞を送った松岡修造氏【写真:Getty Images】
大坂なおみに賛辞を送った松岡修造氏【写真:Getty Images】

熱闘を繰り広げた両者を労い「決勝戦にふさわしい素晴らしい試合でした」

 テニスの4大大会・全豪オープンは26日、女子シングルス決勝で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同6位ペトラ・クビトバ(チェコ)に7-6(7-2)、5-7、6-4で破り、日本人初優勝の偉業を果たした。敗れたクビトバも第2セットの崖っぷちから怒涛の追い上げを演じ、歴史的死闘となった。試合後は互いに涙を流した両者に対し、松岡修造氏も「お互いの心が1つになった最高の試合」と賛辞を送っている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 大坂の全豪オープン制覇に、修造節がヒートアップした。修造氏は「大坂なおみ選手、全豪初制覇!!」とのタイトルで自身のブログを更新。一時は逆転負けもよぎった決勝について「どんなに心が崩れても、必死に冷静さを取り戻し、なおみさんはどんどん強くなっていった。決勝戦にふさわしい素晴らしい試合でした」と称えた。

「日本人テニスプレイヤー“世界一”が現実になった。なおみさんはツアー優勝が2回に対し、クビトバ選手はなんと26回の経験を持つ。お互いの心が1つになったバトル、最高の試合」

 こう記した上で第1セットから回顧。チャンピオンシップポイントを握った第2セットについて「きたぁ~!っと拳を握りしめたが…」と振り返り、運命の第3セットは「トイレットブレークから戻ったなおみさんは冷静さを、そしてあえて無表情を保ち、自分の心を保つことにつとめていたように見えました」と分析。徐々にリズムを取り戻し、見事に勝利を収めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集