[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

メイウェザー、MMA界に広がる波紋 元選手が言いたい放題「くだらないショーだった」

格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、キックボクシングの那須川天心(TARGET)に139秒でTKO勝ちを収めたボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。PFP最強と呼ばれたレジェンドは引退後もなお、実力健在を見せつける格好になったが、MMA(総合格闘技)の米国人OBは「フェイク」と決めつけ、言いたい放題に持論を展開している。

那須川(右)に勝利を収めたメイウェザー【写真:Getty Images】
那須川(右)に勝利を収めたメイウェザー【写真:Getty Images】

元総合格闘家が痛烈批判「那須川戦が真実だとしよう。絶対にないけれどね」

 格闘技イベント「RIZIN.14」(さいたまスーパーアリーナ)で、キックボクシングの那須川天心(TARGET)に139秒でTKO勝ちを収めたボクシングの元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)。PFP最強と呼ばれたレジェンドは引退後もなお、実力健在を見せつける格好になったが、MMA(総合格闘技)の米国人OBは「フェイク」と決めつけ、言いたい放題に持論を展開している。

【特集】「サッカーを楽しむ」は今も― “炎の守護神”が現役生活で教えられたこと / サッカー 川口能活氏(GROWINGへ)

 米国では生中継のなかった天心対メイウェザー戦だが、英国では格闘専門チャンネル「Fite TV」が放送。139秒の戦いはSNSやネットを通じて広まり、MMA界からは様々な声が上がっている。

 米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」は「ショーブ メイウェザー戦はフェイク。ナスカワは大根役者」と刺激的な見出しをつけて特集している。過激な持論を展開しているのは、かつてUFCの舞台で活躍し、キャリア10勝5敗という戦歴だったブレンダン・ショーブ氏だった。

 現在、米国のケーブルテレビ局「Showtime」で番組の司会を務めている米国人ファイターは、記事によると「フロイドは自分の役目通りだった。彼は攻める方なので、フェイクは難しくない。しかし、テンシンには演技のスキルが必要だった」と主張。139秒のエキシビションマッチに対し、皮肉を述べている。

「もちろん、これはフェイクだ。誰が気に留めるんだよ? もちろん、これはフェイクだ」と連呼したショーブ氏は「彼(メイウェザー)は900万ドルを手にしたんだ。祝うべきだろう。彼らはリリースしていないけど、テンシンだって幾らか手にしていることを願うよ。我々が分かっていることは、フロイドは金を支払われたということなんだ」と独自の見解を披露したという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
F1 F2 F3 全部観られるのはDAZNだけ
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集