[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥に新たな勲章! 衝撃の70秒KOがリング誌選出「KO・オブ・ザ・イヤー」受賞

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で準決勝進出を決めたWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。10月7日のWBSS初戦で元同スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか70秒で倒した衝撃の秒殺劇が、権威ある米ボクシング専門誌「リング」の2018年の「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」に堂々の選出を果たした。

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

権威あるリング誌がパヤノ戦のKO劇を“年間最高KO”に選出

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で準決勝進出を決めたWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。10月7日のWBSS初戦で元同スーパー王者のフアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)をわずか70秒で倒した衝撃の秒殺劇が、権威ある米ボクシング専門誌「リング」の2018年の「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」に堂々の選出を果たした。

【特集】希代の名スキーヤーが第二の人生を“スキーの未来作り”に捧げた理由 / アルペンスキー・皆川賢太郎氏インタビュー(GROWINGへ)

「The Monster」がまた新たな勲章を加えた。異名通りの強さを全世界に見せつけた一戦は、今季ボクシング界最高のKO劇に選出された。

「ボクシングの聖書」と呼ばれるリング誌は1928年に創設した年間アワード10部門の最終候補5選を事前に発表。井上は年間最優秀選手に相当する「ファイター・オブ・ザ・イヤー」と、最高KO勝利に値する「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」の2部門に、父・真吾トレーナーは最優秀トレーナー賞のファイナリストにノミネートされていたが、井上は最優秀KO賞を見事に受賞した。

 この試合、井上は最初に放った電光石火のワンツーでパヤノからダウンを奪った。キャリアで一度もKO負けのなかったパヤノは茫然自失の表情でマットに沈み、立ち上がれず。わずか70秒での秒殺劇となった。

 WBSSのプロモーターのカレ・ザワーランド氏は、このKO劇を全世界で4億世帯が視聴したことを明らかにした上で「惑星一のパンチャー」と絶賛していた。

 圧倒的なパンチ力を印象付けたパヤノ戦の“モンスター劇場”は今年のボクシング界最高のKOシーンとして、名を残すこととなった。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集