[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

井上尚弥、パヤノ沈めたワンツーは「死の一撃」 英名物司会者は“年間最高KO”太鼓判

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で準決勝進出を決めたWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。スーパーフライ級から転向1年目の2018年は世界王者相手に2戦計わずか182秒でKO勝ちという圧巻の強さを示し、権威ある米ボクシング専門誌「リング」では年間最優秀選手、年間最高KO勝利の2部門で最終候補にノミネートされている。10月のWBSS初戦ではたった一回のワンツーで仕留めたキラーブローを、英ボクシング界の名物司会者は「死の一撃」と絶賛している。

WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】
WBA世界バンタム級王者・井上尚弥【写真:Getty Images】

リング誌選出の“年間最高KO”に井上の「70秒KO」を推す声

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級で準決勝進出を決めたWBA世界王者・井上尚弥(大橋)。スーパーフライ級から転向1年目の2018年は世界王者相手に2戦計わずか182秒でKO勝ちという圧巻の強さを示し、権威ある米ボクシング専門誌「リング」では年間最優秀選手、年間最高KO勝利の2部門で最終候補にノミネートされている。10月のWBSS初戦ではたった一回のワンツーで仕留めたキラーブローを、英ボクシング界の名物司会者は「死の一撃」と絶賛している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 1928年に創設されたリング誌年間アワードは10部門で最終候補が発表され、井上は年間最優秀選手に相当する「ファイター・オブ・ザ・イヤー」と、最高KO勝利に値する「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」の2部門にノミネートされている。

「ノックアウト・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされているのは、井上がパヤノを70秒で沈めたWBSS1回戦以外では、以下の4試合。

11月10日、世界クルーザー級統一王者オレクサンドル・ウシク(ウクライナ)VSトニー・ベリュー(英国)のタイトル戦(ウシクの8回TKO)

7月28日、ディリアン・ホワイト(英国)VSルーカス・ブラウン(オーストラリア)のヘビー級12回戦(ホワイトの6回KO)

4月21日、ジャーモール・チャーロ(米国)VSウーゴ・センテノ・ジュニア(米国)のWBC世界ミドル級暫定王者決定戦(チャーロの2回KO)

12月8日、テオフィモ・ロペス(米国)VSメイソン・メナード(米国)のNABFライト級王座決定戦(ロペスの1回KO)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集