[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、5位発進は「氷上のデジャブ」 逆襲に海外期待「差埋めるに有り余る能力」

フィギュアスケートの全日本選手権(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、5連覇を目指す宮原知子(関大)が完璧な演技を披露し、76.76点で首位発進した。グランプリ(GP)ファイナルを制覇した紀平梨花(関大KFSC)は68.75点。5位発進となったが、海外メディアは「氷上のデジャブだ」として“吉兆”と分析している。

紀平梨花【写真:Getty Images】
紀平梨花【写真:Getty Images】

NHK杯の再現で逆転Vへ、海外メディア期待「キヒラはSP5位だったが…」

 フィギュアスケートの全日本選手権(大阪・東和薬品ラクタブドーム)は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、5連覇を目指す宮原知子(関大)が完璧な演技を披露し、76.76点で首位発進した。グランプリ(GP)ファイナルを制覇した紀平梨花(関大KFSC)は68.75点。5位発進となったが、海外メディアは「氷上のデジャブだ」として“吉兆”と分析している。

【特集】一瞬で恋に落ちた新体操、その魅力「1回見たら好きになってもらえる」 / 新体操・畠山愛理さんインタビュー(GROWINGへ)

「キヒラが日本でSPで苦戦、ザギトワはロシアで首位に立ち、メドベージェワは苦境に」と特集したのは、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」だった。

 紀平は冒頭で代名詞の3回転アクセルの転倒したことが響き、SP5位発進となったが、記事では「10代のスケートセンセーション、リカ・キヒラにとって、これは氷上のデジャブだ」と言及。この状況は16歳のシンデレラガールにとって、かつて通った道で“吉兆”なのではと分析している。

 理由は11月のNHK杯にある。「キヒラはSP5位だったが、見事なフリーがシニア初のGP優勝をもたらした。実際、彼女は今季SPで一度しか着氷していない。それはバンクーバーのGPファイナルで世界最高得点を樹立した際だ」と指摘。SPでは3回転アクセルに苦しみながらフリーの高得点で挽回するのが、紀平らしさというのだ。

「あなたの想像通り、日本の少女はフリーで3回転アクセルで転倒したにも関わらず、カナダで優勝しているのだ。我々が今季、目の当たりにしているように、首位との8点差を埋めるに有り余る能力があるのだ」

 首位の宮原に8.01点差がついたが、GPファイナル同様、見事なフリーを披露できれば、逆転優勝への活路は見いだせると特集では期待。一方、「ミスパーフェクト」の異名通りの舞いを披露した宮原については「ミヤハラマジック」と称賛していた。

(THE ANSWER編集部)

ダゾーンなら、サッカーも野球もテニスも全部見放題

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1、J2、J3「全試合中継」ダゾーン独占
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集