[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2位トルソワ、ザギトワ射程の“ガチンコ対決”に大物感「シニアの演技は大好きです」

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・さいたま)の代表選考を兼ねたロシア選手権(サランスク)は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪金メダリストの16歳アリーナ・ザギトワが80.62点で首位発進。ジュニアの14歳アレクサンドラ・トルソワが74.96点の2位で続いた。出場18選手のうち9人が70点を超えたハイレベル決戦をノーミス演技で牽引し、ザギトワは「練習でナーバスにならなかった」、トルソワは「シニアの演技は大好きです」と語っている。ロシアメディアが伝えている。

ロシア選手権のSPで首位のザギトワ(左)と2位のトルソワ【写真:Getty Images】
ロシア選手権のSPで首位のザギトワ(左)と2位のトルソワ【写真:Getty Images】

ザギトワは貫禄の80点超えで首位発進「ナーバスにならなかった」

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・さいたま)の代表選考を兼ねたロシア選手権(サランスク)は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪金メダリストの16歳アリーナ・ザギトワが80.62点で首位発進。ジュニアの14歳アレクサンドラ・トルソワが74.96点の2位で続いた。出場18選手のうち9人が70点を超えたハイレベル決戦をノーミス演技で牽引し、ザギトワは「練習でナーバスにならなかった」、トルソワは「シニアの演技は大好きです」と語っている。ロシアメディアが伝えている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 五輪を制した現役女王と、次代を担う天才少女の意地がぶつかり合った。第1組の3番滑走で登場したトルソワが74.96点を叩き出せば、第2組の7番滑走で登場したザギトワが80.62点をマーク。ともにノーミスの演技で大国ロシアの女王決戦を牽引した。ロシアメディア「sports.ru」によると、2人は手応えを明かしている。

 ザギトワは「練習で特にナーバスにはならなかった」と自然体で臨めた一方で「でも、少し自分の体を感じなかった。少し分かりにくい感覚があった。手がある方向にあって、足が違う方向に飛んでいくような」とも話し、まだ感覚的な微修正でさらに良くなる余地はあるようだ。

 12月のグランプリ(GP)ファイナルは紀平梨花(関大KFSC)に敗れて2位となったが「私たちのチームはロシア選手権のプログラムに多くの注意を割きました。この前、GPファイナルで2位になりましたが、失望にはなりませんでした」と前を向いて取り組んできたことも語ったという。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集