[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

失意メドベ、SP14位後の“優しき拍手”に涙の感謝「今たった一つの言葉を言いたい…」

フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・さいたま)の代表選考を兼ねたロシア選手権(サランスク)は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワはミスが相次ぎ、62.24点でまさかの14位。しかし、演技後には優しき拍手が観衆から送られ、温かい空気に包まれた。メドベージェワは涙ながらに「今はたった一つの言葉を言いたい『ありがとう』」と感謝のメッセージを発信した。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

まさかのSP14位、SNSで涙ながらにメッセージ「あなたたちは私の人生です」

 フィギュアスケートの世界選手権(来年3月・さいたま)の代表選考を兼ねたロシア選手権(サランスク)は21日、女子ショートプログラム(SP)が行われ、平昌五輪銀メダリストのエフゲニア・メドベージェワはミスが相次ぎ、62.24点でまさかの14位。しかし、演技後には優しき拍手が観衆から送られ、温かい空気に包まれた。メドベージェワは涙ながらに「今はたった一つの言葉を言いたい『ありがとう』」と感謝のメッセージを発信した。

【特集】「跳ぶと絶対に笑顔になれる」 第一人者が語るトランポリンの魅力 / トランポリン 廣田遥さん(GROWINGへ)

 母国のファンは、ロシアの女王を温かく迎え入れた。メドベージェワはジャンプで転倒するなどミスが相次いだが、そのたびに会場が拍手で後押しした。滑り終えても温かい空気が会場を包み、キスアンドクライで得点を待つ間には得点アップを期待するように手拍子が鳴り響いた。これにはメドベージェワも立ち上がって歓声に応え、感謝を示した。

 得点は62.24点。まさかの14位発進となったが、メドベージェワにとってはファンの声援が何よりもうれしかったようだ。ロシアメディア「sports.ru」は「メドベージェワが涙ながらにファンに向け『そのような応援とともにすべてを切り抜ける自信がある。あなたたちは私の人生です』」と報じている。

 記事ではSP後にインスタグラムのライブ配信機能を使い、ファンに感謝のメッセージを送ったことを伝えている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
プロ野球開幕、徹底ライブ中継に見逃し配信も
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集