[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

戦慄の左ボディー カネロの衝撃KOシーンに米ファンも悶絶「えげつない」「致命的」

ボクシングのWBAスーパーミドル級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州のマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、ミドル級2団体王者のサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)が3回2分38秒TKOで王者のロッキー・フィールディング(英国)に圧勝。3階級制覇を成し遂げた。米メディアは左のボディー一発で、王者に膝をつかせ、レフェリーが試合を止めるシーンを動画で公開。「えげつないボディ」「致命的」とファンを震撼させている。

カネロこと、サウル・アルバレス【写真:Getty Images】
カネロこと、サウル・アルバレス【写真:Getty Images】

カネロがフィールディングを仕留めた3ラウンドのダウンシーンに米誌脚光

 ボクシングのWBAスーパーミドル級タイトルマッチが15日(日本時間16日)、米ニューヨーク州のマディソン・スクエア・ガーデンで行われ、ミドル級2団体王者のサウル・“カネロ”・アルバレス(メキシコ)が3回2分38秒TKOで王者のロッキー・フィールディング(英国)に圧勝。3階級制覇を成し遂げた。米メディアは左のボディー一発で、王者に膝をつかせ、レフェリーが試合を止めるシーンを動画で公開。「えげつないボディ」「致命的」とファンを震撼させている。

【特集】「美しくなければならない」バレーボール女子代表“火の鳥NIPPON”の挑戦 / バレーボール女子日本代表(GROWINGへ)

 まさに圧倒的だった。3ラウンド。残り約20秒の場面。カネロは身長、リーチで約10センチ上回るフィールディングに対して、フェイントの左フックを入れた後、左ボディーを打ち抜いた。こらえきれない王者は右ひざをつきダウン。この試合4度目のダウンにレフェリーはノーカウントで試合をストップさせた。

 ワンサイドでの圧勝。直後にはお互いの健闘をたたえ合ったが、力の差は明白だった。カネロの強さが際立ったこの場面を、権威ある米誌「リング」の公式インスタグラムが動画で公開。「カネロがロッキー・フィールディングを3ラウンドで倒した。カネロに次戦で戦ってほしいのは誰?」とつづると、海外ファンは思い思いの見解を書き込んでいる。

「えげつないボディだ」
「これは致命的」
「ロッキーは膝をついてもでかいな」
「軽作業だ」
「一晩中ボディが空いていた」

 などとダウンシーンに言及するコメントと共に、カネロの対戦候補への意見も続々と上がった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
「DAZN」ラグビーワールドカップ2019全48試合ハイライト配信></a></div>
<div class=フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集