[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

張本に敗戦も… ブラジル名手の両手バックハンドに実況大興奮「誰が予想できた!?」

卓球ワールドツアーグランドファイナル(韓国・仁川)は15日、男子シングルス準決勝を行い、世界ランク5位の張本智和(エリートアカデミー)が同6位のウーゴ・カルデラノ(ブラジル)を4-0のストレートで破り、決勝進出を決めた。15歳の張本が史上最年少優勝に王手をかけたが、注目を集めているのはブラジルの22歳が繰り出した、両手バックハンドでのウイナーだ。国際卓球連盟(ITTF)が動画で公開。実況者は「誰が予想できたでしょう?」と大興奮だった。

ウーゴ・カルデラノ【写真:Getty Images】
ウーゴ・カルデラノ【写真:Getty Images】

準決勝で張本に敗戦も、カルデラノが披露した衝撃の一打に脚光

 卓球ワールドツアーグランドファイナル(韓国・仁川)は15日、男子シングルス準決勝を行い、世界ランク5位の張本智和(エリートアカデミー)が同6位のウーゴ・カルデラノ(ブラジル)を4-0のストレートで破り、決勝進出を決めた。15歳の張本が史上最年少優勝に王手をかけたが、注目を集めているのはブラジルの22歳が繰り出した、両手バックハンドでのウイナーだ。国際卓球連盟(ITTF)が動画で公開。実況は「誰が予想できたでしょう?」と大興奮だった。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 準々決勝で世界1位を破ったカルデラノは、張本を相手にも圧巻のショットを披露した。第3ゲームだ。張本のサーブから始まったラリー。チャンスボールを力いっぱいスマッシュした次の瞬間、信じられない光景が広がった。

 カルデラノはなんと両手でラケットを持って、テーブルから約4.5メートルも離れたところからカウンタードライブ。劣勢を跳ね返し、ポイントを奪ったのだ。見事すぎる一打に国際中継の実況も大興奮だ。

「何!? 両手バックハンドでウイナーだ! テーブルから15フィート(約4.57メートル)先からの両手バックハンド、誰が予想できたでしょう!? 誰もできません! これはスポーツのマッシュアップだ!」

 まるでテニスのような両手バックハンドウイナーに驚きを隠せない様子だった。結局このゲームも落とし、張本の前にストレート負けを喫したが、会場を沸かせたブラジル人には惜しみない拍手が送られていた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集