[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

紀平梨花、SP世界最高得点でザギトワ超え首位発進! “男子級”82.51点の圧巻演技

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子のショートプログラム(SP)では紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技を披露。82.51点の今季世界最高得点をマークし首位に立った。2位は77.93点で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)。坂本花織(シスメックス)は70.23点で4位。宮原知子(関大)は67.52点で6位だった。

首位発進の紀平梨花【写真:Getty Images】
首位発進の紀平梨花【写真:Getty Images】

紀平が圧倒的な演技で世界最高得点マーク

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルが6日(日本時間7日)、カナダ・バンクーバーで開幕。女子のショートプログラム(SP)では紀平梨花(関大KFSC)が完璧な演技を披露。82.51点の今季世界最高得点をマークし首位に立った。2位は77.93点で平昌五輪金メダルのアリーナ・ザギトワ(ロシア)。坂本花織(シスメックス)は70.23点で4位。宮原知子(関大)は67.52点で6位だった。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 紀平はドビュッシーの「Clair de Lune」のメロディーに乗せて優雅に、そして力強く舞った。冒頭の代名詞トリプルアクセルを完璧に決めると、3回転フリップ―3回転トウループのコンビネーションも綺麗に着氷。最後の3回転ルッツも決めた。演技後は日の丸が揺れる中、万雷の拍手。会心のスケーティングに16歳の超新星からはガッツポーズも飛び出した。

 キス・アンド・クライで82.51点の確認すると信じられないといった表情を浮かべた紀平。ザギトワがロステレコム杯で記録した80.78点を上回る世界最高得点だ。技術点(TES)は圧巻の47.36点だった。この日行われた男子のSPに交じっても、男子のキーガン・メッシング(カナダ)の79.56点を上回る驚異的な得点だ。バンクーバーの地で紀平が歴史を作った。

【女子SP順位】
1位 紀平梨花 82.51点
2位 アリーナ・ザギトワ(ロシア) 77.93点
3位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア) 70.65点
4位 坂本花織 70.23点
5位 ソフィア・サモドゥロワ(ロシア)68.24点
6位 宮原知子 67.52点

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集