[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

なぜ彼は押し出したのか…!? 元オリ助っ人の衝撃珍プレーに爆笑「面白いプレーだ」

米大リーグはオフシーズンでも、中米ではウインターリーグで熱戦を展開中だ。メキシコでは衝撃的な珍プレーが発生。ライン上に転がったぼてぼてのボールを見送ろうとするも、なかなか切れないことに業を煮やし、最後は寝そべりながらボールをグラブでファウルゾーンに押し出してしまう、まるでコントのような一部始終をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」スペイン語版が公開。ファンの爆笑を誘っている。

かつてオリックスでもプレーしたユニエスキー・ベタンコート【写真:Getty Images】
かつてオリックスでもプレーしたユニエスキー・ベタンコート【写真:Getty Images】

メキシコウインターリーグで“珍プレー大賞級”のプレーが

 米大リーグはオフシーズンでも、中米ではウインターリーグで熱戦を展開中だ。メキシコでは衝撃的な珍プレーが発生。ライン上に転がったぼてぼてのボールを見送ろうとするも、なかなか切れないことに業を煮やし、最後は寝そべりながらボールをグラブでファウルゾーンに押し出してしまう、まるでコントのような一部始終をMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」スペイン語版が公開。ファンの爆笑を誘っている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

「珍プレー好プレー大賞」があれば、珍プレー大賞の有力候補は間違いないだろう。1日(日本時間2日)に行われたメキシコウインターリーグでの一コマだ。アギラス・デ・メヒカリとベナドス・デ・マサトランの一戦。主役はアギラスの三塁手、過去にオリックスでもプレーしたユニエスキー・ベタンコートだった。

 2回の守備、ベタンコートの前にボテボテのゴロが転がった。打球はちょうど三塁線上。ファウルを確信したベタンコートは捕球せず、見送ることを選択した。しかし、予想とは裏腹にボールがなかなか切れない。それどころか、フェアゾーンに入ってきたのだ。

 じりじりするゴロの軌道に焦ったベタンコート。ボールに息を吹きかけるように、おもむろに打球の横で腹ばいに。ベース手前ぎりぎりでボールがファウルゾーンに出かけた瞬間、グラブを嵌めた左手で押しやったのだ。しかし、三塁塁審はフェアのジェスチャー。わずかに切れていなかったのだ。信じられないとばかりに呆然とするベタンコート。後の祭りとはこのことだった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集