[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

画面左上の衝撃!? 清水GKの“同点ヘッド弾”に海外仰天「どうしたら延長14分に?」

サッカーJリーグ1部第33節は24日、清水が本拠地・神戸戦に3-3で引き分け。話題を呼んだのは、後半アディショナル14分に元日本代表GK六反勇治が攻撃参加したCKから決めた同点ヘディング弾だ。

清水エスパルス・六反勇治【写真:Getty Images】
清水エスパルス・六反勇治【写真:Getty Images】

神戸戦でGK六反が決めた「90+14分」弾にファン騒然「なんて時間なんだ」

 サッカーJリーグ1部第33節は24日、清水が本拠地・神戸戦に3-3で引き分け。話題を呼んだのは、後半アディショナル14分に元日本代表GK六反勇治が攻撃参加したCKから決めた同点ヘディング弾だ。反響は海を越え、海外メディアが動画付きで公開すると、海外ファンは「どうやったら延長14分になんかなるんだ?」「冗談だろ、ロスタイムで13分?」と表示タイムに仰天している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 画面表示は「13:28」を指していた。2-3と1点を追う清水の左CK。決死の覚悟でGK六反も攻め上がる。そして、MF石毛が右足で蹴り込むと、ゴール前中央で反応したのはGK。それは神戸ではなく、清水の守護神・六反だ。ややマイナス方向に戻りながら守備陣の間に入り込み、頭にドンピシャリ。思い切り首を振って叩きつけると、そのままゴールに吸い込まれたのだ。

 奇跡の同点ゴールに本拠地は騒然。殊勲の六反も全速力で戻りながら雄たけびを上げ、感情を爆発させていた。GKが得点をすることは稀にあるが、記録上は「90+14分」という得点時間は何とも珍しい。

 米衛星放送「FOXスポーツ」アジア版は「ゴールキーパのゴールアラート! 清水GKユウジ・ロクタンがヴィッセル神戸戦、アディショナル14分で同点弾を決める!」と驚きを表現し、公式インスタグラムに動画付きで公開した。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集