[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ズベレフは謝罪 大ブーイングのボールボーイ落球騒動に英紙波紋「勝利に影落とした」

男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」は17日、準決勝でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がロジャー・フェデラー(スイス)を7-5、7-6で破り、決勝進出。しかし、第2セットのタイブレーク、ボールボーイの“落球”をきっかけにズベレフがプレー中断を要求。以降、流れが傾いたため、フェデラー贔屓の観衆から勝利者インタビューまでブーイングする事態となった。その様子を海外メディアが動画付きで公開し、ファンに賛否を呼んでいたが、海外メディアにも波紋が広がっている。

フェデラー戦でのズべレフの行為に英紙が注目している【写真:Getty Images】
フェデラー戦でのズべレフの行為に英紙が注目している【写真:Getty Images】

プレー中の中断要求に地元メディアも脚光「1万7500人のフェデラーファン激怒」

 男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」は17日、準決勝でアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がロジャー・フェデラー(スイス)を7-5、7-6で破り、決勝進出。しかし、第2セットのタイブレーク、ボールボーイの“落球”をきっかけにズベレフがプレー中断を要求。以降、流れが傾いたため、フェデラー贔屓の観衆から勝利者インタビューまでブーイングする事態となった。その様子を海外メディアが動画付きで公開し、ファンに賛否を呼んでいたが、海外メディアにも波紋が広がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 波紋を呼んだのは第2セットのタイブレーク、フェデラーが4-3として迎えた場面だった。プレー中にズベレフが突如、「ウェイト、ウェイト!」と叫び、プレーを止めた。フェデラーの後方でボールボーイが手に持ったボールを落とし、慌てて拾い上げたのが視界に入り、これを主審にアピール。主張が認められ、プレーはやり直しとなった。

 ただ、この後にフェデラーのミスもあってミニブレークに成功したズベレフが勝利し、結果的に流れを左右する一因に。直後の勝利者インタビュー、フェデラー贔屓の観衆から大ブーイングが降り注ぎ、ズベレフも「初めに僕はタイブレークの際のボールボーイが落球した件について謝りたい」と切り出し、勝者が謝罪をする異例の展開となった。

 ATP公式中継サイト「テニスTV」公式インスタグラムは実際にボールボーイがボールを落とし、ズベレフがプレー中断を要求する実際の様子を動画付きで公開。「観客は失礼だ」「可哀そうなボールボーイが悪夢を味わった」「不運な出来事、でも正当なコールだった」などと賛否を呼んでいたが、地元メディアも続々と一件をレポートしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集