[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦、松葉杖の“勇敢な背中”の1枚に海外祈りの輪「早く良くなって、ユヅ!」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が167.89点をマーク。合計278.42点で自身初のGPシリーズ連勝を飾ったが、試合後は当日の公式練習で転倒した際に右足首を痛めたことを告白した。海外メディアが松葉杖を突きながら、下を向かずに歩く勇敢な後ろ姿を画像付きで公開し、海外ファンに「私たちはいつもあなたと共にいるわ」「早く良くなってね、ユヅ!」と回復の祈りの輪が広がっている。

右足首を痛めながらロステレコム杯で優勝を飾った羽生【写真:Getty Images】
右足首を痛めながらロステレコム杯で優勝を飾った羽生【写真:Getty Images】

優勝後の印象的な後ろ姿を海外メディア公開でエール続々「自分自身を大切にして」

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯は17日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が167.89点をマーク。合計278.42点で自身初のGPシリーズ連勝を飾ったが、試合後は当日の公式練習で転倒した際に右足首を痛めたことを告白した。海外メディアが松葉杖を突きながら、下を向かずに歩く勇敢な後ろ姿を画像付きで公開し、海外ファンに「私たちはいつもあなたと共にいるわ」「早く良くなってね、ユヅ!」と回復の祈りの輪が広がっている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 痛みに耐え、貫禄のGPシリーズ連勝を達成した羽生。試合後、IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」公式ツイッターが公開したのは、なんとも印象的な1枚だった。

 優勝後、ジャージ姿で会場内を歩く羽生。しかし、体の右側には松葉杖を突き、体を支えながら歩いている。隣には関係者が寄り添い、周囲も心配そうに足元を見つめている。その先にはカメラマンが構え、異変が生じた姿を捉えようとしている。ただ、本人は大丈夫と言わんばかりに顔を上げ、しっかりと歩こうとする気持ちが伝わってくる。

 投稿では、棄権を考えるほどの怪我だったなどと語った羽生のコメントとともに画像を紹介。容体を心配していた海外ファンも画像を目の当たりにして、続々と声を上げている。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集