[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「37歳…ですよね?」 フェデラーの頭上バックハンドボレーが「美しい…」と話題に

男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は13日、1次リーグ第2戦が行われ、世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)が同8位のドミニク・ティエム(オーストリア)に6-2、6-3で勝利。

世界ランク3位のロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】
世界ランク3位のロジャー・フェデラー【写真:Getty Images】

衰え知らずのフェデラーの超絶ショットに海外驚愕

 男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」(英ロンドン)は13日、1次リーグ第2戦が行われ、世界ランク3位のロジャー・フェデラー(スイス)が同8位のドミニク・ティエム(オーストリア)に6-2、6-3で勝利。1次リーグでの成績を1勝1敗とした。ATP公式中継サイト「テニスTV」は、飛び上がりながらバックハンドボレーでリターンするシーンに脚光。動画で公開すると、「不老の天才!」「美しい…」などとファンをうっとりさせている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 衰え――。フェデラーには無縁の言葉なのだろう。錦織戦の敗戦から修正したフェデラーがスーパーショットを連発した。特に脚光を浴びているのが、頭上を襲うボールに対して、飛び上がりながらバックハンドでリターンする場面だった。美しい“オーバーヘッドボレー”には感嘆の声が上がっている。

 テニスTVは公式インスタグラムで「37歳…ですよね」とつづり動画を公開すると、ファンからは続々と驚きのコメントが書き込まれている。

「美しい……美しい……」
「僕が28歳の時にこの動きをしたら半月板を痛めた。彼は不老だ」
「不老の天才!」
「なんと美しい……」
「彼が常にテニス界の王である理由がこれだ」
「マグニフィセント!」

 37歳にして華麗なプレーに翳りはない。精彩を欠いた錦織戦から一転、V候補が再び浮上してきた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集