[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、水原通訳との“最強コンビ”の1枚に米脚光「通訳・オブ・ザ・イヤー」

米大リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人=新人王)」が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平投手が受賞した。日本人選手では、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来17年ぶり4人目の快挙。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

エンゼルスが水原通訳にも脚光、大谷との2ショットをSNSで公開

 米大リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人=新人王)」が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平投手が受賞した。日本人選手では、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来17年ぶり4人目の快挙。日本語で祝福していたエンゼルスは公式SNSを更新し、大谷をそばで支えた水原一平通訳との2ショットを公開。ファンからは「イッペイが受賞するべき」の声が上がるなど、サポート役も脚光を浴びている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 100年ぶりともいわれた二刀流での圧巻の活躍で、次点のミゲル・アンドゥハー(ヤンキース)に大差をつけて新人王に輝いた大谷。陰の功労者が通訳の水原氏だ。大谷にとってもその存在なしに、戦い続けることはできなかっただろう。“あなたが主役です”と言わんばかりに、大谷が水原通訳の右手を掲げ、満面の笑み。水原氏もまんざらでもない様子?で胸を張っている。

 エンゼルスは公式ツイッター、公式インスタグラムに「ショウヘイ新人王にワクワクしている人は手をあげて!」と題して、最強コンビの写真を投稿。ファンからも拍手が送られている。

「通訳・オブ・ザ・イヤー」
「今シーズン、君の才能を目にすることができて光栄に思う」
「イッペイが受賞するべき」
「夢のような仕事だな」
「ショウヘイへの多岐にわたるサポートは素晴らしい。ショウヘイ、そうは思わない?」
「おめでとう、ショウヘイ&イッペイ!!」
「大好きだイッペイ」
「彼の通訳は最高だね」

 二人三脚で勝ち取った新人王。そのサポートの重要性を現地ファンもはっきりと理解しているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集