[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

イチロー&プホルスが最強の新人王コンビ!? MLBが人気投票「疑いなく2001年だ」

米大リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人=新人王)」が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平投手が受賞した。日本人選手では、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来17年ぶり4人目の快挙。またナ・リーグはロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)が受賞した。MLBは今季を含めて、イチローが受賞した2001年など、4例の両リーグの新人王をピックアップ。「どの新人王コンビがベスト?」とつづり、ファンにアンケートを呼び掛けている。

2001年MLB新人王のイチロー(左)とプホルス【写真:Getty Images】
2001年MLB新人王のイチロー(左)とプホルス【写真:Getty Images】

イチロー&プホルスが最強の新人王コンビ!? MLBが人気投票「疑いなく2001年だ」

 米大リーグの「ルーキー・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人=新人王)」が12日(日本時間13日)に発表され、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平投手が受賞した。日本人選手では、2001年のイチロー外野手(マリナーズ)以来17年ぶり4人目の快挙。またナ・リーグはロナルド・アクーニャJr.(ブレーブス)が受賞した。MLBは今季を含め、イチローが受賞した2001年など、4例の両リーグの新人王をピックアップ。「どの新人王コンビがベスト?」とつづり、ファンにアンケートを呼び掛けている。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 二刀流で旋風を吹かせた大谷が、ア・リーグの新人王を受賞。一方でナ・リーグは今季111試合で打率.293、26本塁打、64打点の成績を残し、日米野球で来日中のアクーニャJr.に決まった。1位票は大谷の25票を上回る、27票を獲得。両リーグ共に衆目一致の文句なしでの受賞だった。

 MLBは2000年以降の4組の新人王コンビをピックアップ。公式インスタグラムで「どの新人王コンビがベスト? このクラスが並べられた」とファンに問いかけている。

・2001年【ア・リーグ】イチロー(マリナーズ)【ナ・リーグ】プホルス(カージナルス)
・2012年【ア・リーグ】トラウト(エンゼルス)【ナ・リーグ】ハーパー(ナショナルズ)
・2017年【ア・リーグ】ジャッジ(ヤンキース)【ナ・リーグ】ベリンジャー(ドジャース)
・2018年【ア・リーグ】大谷翔平(エンゼルス)【ナ・リーグ】アクーニャJr.(ブレーブス)

「プホルスとイチロー、この2人は疑いなく素晴らしい」
「3000本ヒッターズ。達成しているペアは他にいない」
「2017年か2012年かな」
「トラウトとハーパーは文句なしだ」
「イチローとプホルス、トラウトとハーパーで議論だ」
「疑いなく2001年だ」
「2018年ではないかな…」
「イチローとアルバートだけど、今ならジャッジとベリンジャーかな」
「オオタニだ」
「みんなジャッジとベリンジャーが合わせて91本塁打、211打点を挙げたことを忘れたのか?」

 2001年のイチロー&プホルスの3000安打超コンビを推す声が多く、次点で2012年のトラウト、ハーパーコンビ。大谷が受賞した今季を支持する声は多くはなかったが、今後の活躍次第でイメージが激変するもの。2人にはさらなる飛躍を期待したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集