[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

亀田和毅、2階級制覇を米メディアはどう伝えた? 「満場一致の結果で王座を奪還」

ボクシングWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦が12日、東京・後楽園ホールで行われ、同級2位の亀田和毅(協栄)が同級1位アビゲイル・メディナ(スペイン)に最大6ポイント差をつける判定勝ち。3年ぶりの世界挑戦で2階級制覇に成功。長男・興毅、次男・大毅に次ぐ3兄弟での複数階級制覇を成し遂げた。このニュースに海外メディアも注目している。

2014年にはWBOバンタム級王者を防衛していた亀田和毅【写真:Getty Images】
2014年にはWBOバンタム級王者を防衛していた亀田和毅【写真:Getty Images】

3兄弟での複数階級制覇を成し遂げた和毅を米メディアも報道

 ボクシングWBC世界スーパーバンタム級暫定王座決定戦が12日、東京・後楽園ホールで行われ、同級2位の亀田和毅(協栄)が同級1位アビゲイル・メディナ(スペイン)に最大6ポイント差をつける判定勝ち。3年ぶりの世界挑戦で2階級制覇に成功。長男・興毅、次男・大毅に次ぐ3兄弟での複数階級制覇を成し遂げた。このニュースに海外メディアも注目している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 序盤につけたポイント差を守り切り、完勝で2階級制覇を達成した和毅。3兄弟がそろい踏みし、亀田家のベルト獲得を喜んだ。米放送局「ESPN」は「トモキ・カメダが空席だったジュニアフェザー級の王者に」と見出しをつけて報道。「アビゲイル・メディナ相手に満場一致の結果でジュニアフェザー級の王座を奪還した」と伝えている。

 米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」も「WBC王者を勝ち獲ったトモキ・カメダの視線の先はレイ・バルガスへ」と題して特集している。

「“El Mexicanito”こと日本のトモキ・カメダがアビゲイル・メディナを下してWBC世界スーパーバンタム級王者に輝いた。得意の素早いジャブを使って安定してポイントを重ねていった。中盤から終盤にはメディナ相手に我慢をして、白星を勝ち取った」と試合内容をレポートした。

 さらに次戦の対戦相手として正規王座保持者レイ・バルガス(メキシコ)が考えられるとし、統一戦の実現を期待。今回の暫定王座はバルガスの負傷によって設けられたタイトル。王座統一なるかにも注目が集まりそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集