[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

錦織は「超半端ない!」 松岡修造氏もフェデラー撃破を絶賛「本当の圭に会えた!」

男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」は11日(日本時間12日)、1次リーグ初戦で世界ランク9位・錦織圭(日清食品)が同3位ロジャー・フェデラー(スイス)に7-6、6-3でストレート勝ち。実に4年半ぶりとなるフェデラー撃破を成し遂げた日本のエースを松岡修造氏も「錦織圭選手が本当の圭に会えた!」「超半端ない!片手バックハンドエース」と絶賛している。

フェデラーを下した錦織【写真:Getty Images】
フェデラーを下した錦織【写真:Getty Images】

フェデラー撃破に「ファイナル修造」が大興奮「錦織圭選手が本当の圭に会えた!」

 男子テニスのツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」は11日(日本時間12日)、1次リーグ初戦で世界ランク9位・錦織圭(日清食品)が同3位ロジャー・フェデラー(スイス)に7-6、6-3でストレート勝ち。実に4年半ぶりとなるフェデラー撃破を成し遂げた日本のエースを松岡修造氏も「錦織圭選手が本当の圭に会えた!」「超半端ない!片手バックハンドエース」と絶賛している。

【特集】5人制元日本代表はなぜ3×3で現役復帰したのか 「バスケ界に恩返しを」 / バスケットボール・渡邉拓馬選手インタビュー(GROWINGへ)

 修造氏は「ATPツアーファイナルズで錦織圭選手が本当の圭に会えた!」と題して自身の公式サイトに記事を投稿。錦織にとって6連敗中だったフェデラー戦について「素晴らしい白熱した試合だった。最初からフェデラーは短いポイント、超スーパー攻撃テニスで圭を畳み込む。一方、圭もその威圧に負けず、いつも以上に守りすぎず、サーブアンドボレーや大事な時に必ず自分から攻めていくというプレイをしていた」と分析した。

 勝負の分け目となった第1セット、5-6で迎えた第12ゲームの15-30、錦織が右手一本を伸ばし、片手でバックハンドを決めたスーパーショット。ATPが「信じられる?」と絶賛し、公式ツイッターに動画付きで紹介したプレーを“修造節”全開で称えた。

「セカンドサーブをフェデラーがフォアハンドで半端ないリターン…。このポイントを奪われたらこのままフェデラーがセットを取り、敗れていただろう。そこでみせたのがっ!圭 超半端ない!片手バックハンドエース 観客は何が起きたのかわかっていなかった。完全にフェデラーがポイントを奪ったと感じていたからだ。一瞬シーンとした会場…審判がスコアを言いどよめきが!」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集