[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 棄権バーネット、悲劇招いた驚きの理由とは? WBSS代表が激白「1日も早い回復を」

棄権バーネット、悲劇招いた驚きの理由とは? WBSS代表が激白「1日も早い回復を」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦は全てのカードを消化し、WBA王者・井上尚弥(大橋)ら4選手の準決勝進出が決定した。11月3日に英グラスゴーで行なわれた1回戦最後の試合ではWBAスーパー王者のライアン・バーネット(英国)が元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と激突。4回に自ら腰を抑えてダウンし、棄権となる衝撃の幕切れを迎えていた。WBSSプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は「THE ANSWER」の単独取材に応じ、バーネットに起きた悲劇の原因を「腰椎すべり症」と説明。生まれ故郷で入院していることを明らかにした。

WBAスーパー王者のライアン・バーネット【写真:Getty Images】
WBAスーパー王者のライアン・バーネット【写真:Getty Images】

衝撃の幕切れ迎えたバーネットの棄権の理由が明らかに

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級トーナメント1回戦は全てのカードを消化し、WBA王者・井上尚弥(大橋)ら4選手の準決勝進出が決定した。11月3日に英グラスゴーで行われた1回戦最後の試合ではWBAスーパー王者のライアン・バーネット(英国)が元5階級制覇王者のノニト・ドネア(フィリピン)と激突。4回に自ら腰を押さえてダウンし、棄権となる衝撃の幕切れを迎えていた。WBSSプロモーターを務めるカレ・ザワーランド氏は「THE ANSWER」の単独取材に応じ、バーネットに起きた悲劇の原因を「腰椎すべり症」と説明。生まれ故郷で入院していることを明らかにした。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 今大会の第1シードで、正規王者の井上よりもWBAで上位に当たるスーパー王者だったバーネット。フェザー級から2つも階級を下げて、7年ぶりにバンタム級のウエートを作った“フィリピンの閃光”ドネア相手に有利と見られていた初戦で、よもやのアクシデントに見舞われた。

「バーネットは不運なアクシデントに見舞われてしまった。私自身もリング上であんなシーンは見たことがない。彼は現在ベルファストの病院で入院して、今だに検査していると聞いています。椎間板ヘルニア、特に腰椎すべり症の疑いが持たれています。4ラウンドの激痛の原因になったということです。一日も早い回復をWBSSとしても祈っています」

 アクシデントは4ラウンド目に起きた。ドネアにコンビネーションを放ったバーネットだが、打ち終わりで苦悶の表情を浮かべた。右脇腹を押さえながら、激痛に耐えかねて、自らマットに膝をついた。理由は腰椎すべり症だった。背骨の神経組織が圧迫されたことで、痛みが生まれたという。

 会場の誰もが信じられない光景となった。このラウンドは必死に耐え、コーナーに戻ったが、陣営との協議の末に棄権を選択。ドネアのTKO勝ちが決まった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー