[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 羽生結弦、2位との「39.14」点差に米放送局脚光 「史上最も差がついた勝利の一つ」

羽生結弦、2位との「39.14」点差に米放送局脚光 「史上最も差がついた勝利の一つ」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は4日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が190.43点、合計297.12点でともに今季世界最高点で優勝を飾った。演技後半に決めた、史上初となる4回転トウループ―3回転アクセルのコンビネーションを着氷させる瞬間を、国際スケート連盟(ISU)は「ユヅル・ハニュウがまたやった」と題して動画を公開していたが、米メディアは歴史的な圧勝劇に脚光を浴びせている。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

2位のブジェジナとの「39.14」点差に米メディア注目

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は4日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が190.43点、合計297.12点でともに今季世界最高点で優勝を飾った。演技後半に決めた、史上初となる4回転トウループ―3回転アクセルのコンビネーションを着氷させる瞬間を、国際スケート連盟(ISU)は「ユヅル・ハニュウがまたやった」と題して動画を公開していたが、米メディアは歴史的な圧勝劇に脚光を浴びせている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 ヘルシンキのリンクで羽生が優雅にそして、力強く舞った。エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が演じた「ニジンスキーに捧ぐ」をオマージュした新プログラム。演技後半の一発目だ。高い4回転トウループを跳ぶと、ほぼ助走をつけることなく3回転アクセルを跳んだ。必死に堪えながら見事に着氷。史上初めて「4T-3A」の連続ジャンプを成功させた瞬間だった。

 ISUは新たな記録を打ち立て続ける王者を「Mr.レコードブレイカー」と表現していたが、米放送局「NBCスポーツ」も「ユヅル・ハニュウがヘルシンキでのGPシリーズで完勝での優勝を飾った」と伝えている。

「ユヅル・ハニュウが今季のGPシリーズのデビュー戦で疑いようのない優勝を飾った。2度の五輪王者は297.12ポイントでチェコのミハル・ブジェジナに39.14ポイントもの差をつけて倒した。GPシリーズの歴史でも最も差がついた勝利の一つだ」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー