[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 永久保存版!? 羽生結弦、「4T-3A」着氷の瞬間にISU脚光「Mr.レコードブレーカー」

永久保存版!? 羽生結弦、「4T-3A」着氷の瞬間にISU脚光「Mr.レコードブレーカー」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は4日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が190.43点、合計297.12点でともに今季世界最高点で優勝を飾った。とりわけ脚光を浴びているのは、演技後半に決めた4回転トウループ―3回転アクセルの連続技だ。世界初となるコンビネーションを決めた瞬間を、国際スケート連盟(ISU)は「ユヅル・ハニュウがまたやった」とつづり動画で公開。反響を呼んでいる。

羽生結弦【写真:Getty Images】
羽生結弦【写真:Getty Images】

ISUが「4T-3A」着氷の瞬間を動画で公開

 フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は4日、男子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)首位の羽生結弦(ANA)が190.43点、合計297.12点でともに今季世界最高点で優勝を飾った。とりわけ脚光を浴びているのは、演技後半に決めた4回転トウループ―3回転アクセルの連続技だ。世界初となるコンビネーションを決めた瞬間を、国際スケート連盟(ISU)は「ユヅル・ハニュウがまたやった」とつづり動画で公開。反響を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 絶対王者はさらなる高みへ向かう。ヘルシンキのリンクで、歴史に名を刻んだ。エフゲニー・プルシェンコ(ロシア)が演じた「ニジンスキーに捧ぐ」をオマージュした新プログラム。演技後半の一発目だ。高い4回転トウループを跳ぶと、ほぼ助走をつけることなく3回転アクセルを跳んだ。必死に堪えながら見事に着氷。フィギュア史上初めて「4T-3A」の連続ジャンプを成功させた。

 この快挙の瞬間をISUは公式ツイッターで動画付きで公開。「Mr.レコードブレイカー、ユヅル・ハニュウがまたやった。4回転トウループと3回転アクセルのコンボを歴史上で初めて成功させた」とつづり、快挙を伝えている。

 海外ファンもコメント欄で「彼にとっては簡単なのかもしれない」「このコンビネーションは信じられない」「私たちのキング」などと反応しており、衝撃の大きさはしばらく余韻となって残りそうだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー