[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • バーネット陥落 自ら膝突く“故障棄権”に大会実況も絶叫「なんて劇的な結末だ!」

バーネット陥落 自ら膝突く“故障棄権”に大会実況も絶叫「なんて劇的な結末だ!」

ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級1回戦、最後の一戦は衝撃的な結末を迎えた。WBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)は3日、グラスゴーで行われた5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)戦で4回の途中に腰付近を痛めて自ら膝をつき、4回終了後に棄権した。まさかの幕切れの瞬間を米専門誌「リング」の記者が動画付きでレポート。地元・英国の中継で実況アナウンサーは「なんてドラマチックな結末だ!」と絶叫している。

WBAスーパー王者ライアン・バーネット【写真:Getty Images】
WBAスーパー王者ライアン・バーネット【写真:Getty Images】

腰付近を痛めて4回終了後TKO負け、予想外の波乱決着に騒然

 ボクシングのワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級1回戦、最後の一戦は衝撃的な結末を迎えた。WBAスーパー王者ライアン・バーネット(英国)は3日、グラスゴーで行われた5階級制覇王者ノニト・ドネア(フィリピン)戦で4回の途中に腰付近を痛めて自ら膝をつき、4回終了後に棄権した。まさかの幕切れの瞬間を米専門誌「リング」の記者が動画付きでレポート。地元・英国の中継で実況アナウンサーは「なんてドラマチックな結末だ!」と絶叫している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 最後のセミファイナルの座をかけた一戦は、まさかの幕切れだった。4回、バーネットが鋭く左右のコンビネーションを狙った。しかし、打ち終わった直後、不自然に距離を取りながら右グローブを腰付近に当て、なんとそのまま膝をついてしまったのだ。なんとか、このラウンドは最後まで立ち続けたが、5回開始前に棄権を選択。ドネアのTKO勝ちというショッキングな結末となった。

 米リング誌のライアン・ソンガリア記者は、一部始終を自身のツイッターに動画付きで公開。また、 英国で中継した大会公式ストリーミングサービスの実況は「なんてことだ! 腰の怪我のようです。ドネアのパンチとは別のところで深刻なトラブルに陥っています。なんてことだ、なんてドラマチックな状況なんだ! ライアン・バーネットがマットに跪きました」と絶叫した。

 さらに、ドネアのTKO勝ちが決まると「これで終わりだ! なんてドラマチックな結末だ!」と再び絶叫。予想外の幕切れであることを興奮をもって伝えていた。すかさず、勝ったドネアがバーネットのもとに駆け寄り、慰めるシーンが反響を呼んだが、WBA王者・井上尚弥(大橋)らが待つセミファイナル切符はまさかの決着。地元の声援に押されたバーネットは無念の敗退となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー