[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

村田諒太の敗戦に学ぶ? 米強豪王者、参謀は次戦へ「ムラタの轍は踏めない」

ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチで村田諒太(帝拳)は、ロブ・ブラント(米国)との2度目の防衛戦で敗れベルトを失った。戦前の予想では王者の圧倒的有利が予想されていたが、結果は、フルラウンドの末に0-3の判定負けを喫した。WBC世界ミドル級暫定王者で、ミドル級屈指の実力者と評価されるジャーモール・チャーロ(米国)の参謀役は12月の防衛戦を前に「ムラタの轍は踏めない」と語り、大きな教訓としたことを明かしている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

ロブ・ブラントとの防衛戦に敗れベルトを失った村田【写真:Getty Images】
ロブ・ブラントとの防衛戦に敗れベルトを失った村田【写真:Getty Images】

WBC暫定王者チャーロは12月に防衛戦が決定

 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチで村田諒太(帝拳)は、ロブ・ブラント(米国)との2度目の防衛戦で敗れベルトを失った。戦前の予想では王者の圧倒的有利が予想されていたが、結果はフルラウンドの末に0-3の判定負け。WBC世界ミドル級暫定王者で、ミドル級屈指の実力者と評価されるジャーモール・チャーロ(米国)の参謀役は12月の防衛戦を前に「ムラタの轍は踏めない」と語り、大きな教訓としたことを明かしている。米ボクシング専門メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

【特集】歴史を作った“侍パドラー”がカヌーに捧げた人生「もっと広まって欲しい」 / カヌー・羽根田卓也選手インタビュー(GROWINGへ)

 世界2階級王者のチャーロは12月22日に米ブルックリンでWBC同級5位のウィリー・モンローJr.(米国)との防衛戦に挑むことが決まった。

 モンロー戦後には、村田と東京ドームでの対戦計画が暗礁に乗り上げたゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)とチャーロとのメガマッチ実現に注目が集まる中、チャーロのトレーナーのロニー・シールズ氏は“村田の悲劇”を教訓とすることを明らかにしているという。

「我々は今、ウィリー・モンローについて心配しなければいけない。先日、ムラタのブラント戦のような轍を踏むわけにはいかない。それはできない。我々は目の前の相手の先のことは考えない」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
BNPパリバ・オープン、ダゾーン独占中継
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集