[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、決勝の下馬評は有利 海外メディア太鼓判「見事な好調ぶりを発揮している」

錦織、決勝の下馬評は有利 海外メディア太鼓判「見事な好調ぶりを発揮している」

男子テニスのエルステバンク・オープンは27日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク11位の錦織圭(日清食品)が世界ランク71位のミハイル・ククシュキン(カザフスタン)を6-4、6-3のストレートで下し今季3度目の決勝進出。2016年のメンフィスオープン以来、約2年8か月ぶりの優勝をかけて争う相手は世界ランク8位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)だ。28日の決勝の行方に海外メディアも注目しているが、下馬評では錦織が有利と目されている。

約2年8か月ぶりの優勝に王手をかけた錦織圭【写真:Getty Images】
約2年8か月ぶりの優勝に王手をかけた錦織圭【写真:Getty Images】

錦織vsアンダーソンの決勝戦、有利なのはどちら?

 男子テニスのエルステバンク・オープンは27日、シングルス準決勝が行われ、世界ランク11位の錦織圭(日清食品)が世界ランク71位のミハイル・ククシュキン(カザフスタン)を6-4、6-3のストレートで下し今季3度目の決勝進出。2016年のメンフィスオープン以来、約2年8か月ぶりの優勝をかけて争う相手は世界ランク8位のケビン・アンダーソン(南アフリカ)だ。28日の決勝の行方に海外メディアも注目しているが、下馬評では錦織が有利と目されている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 今大会で快進撃を続ける日本のエース。準々決勝では第1シードのドミニク・ティエム(オーストリア)を全く寄せ付けずにストレート勝ちするなど、心身ともに充実している。決勝は8連敗中だが、今回こその期待は大きい。大会公式サイトも「優勝候補が決勝へ」と見出しをつけて特集している。

「準決勝第1試合は、ケイ・ニシコリ(日本/第5シード)が優勝候補役を遂行した」とつづり、錦織のコメントを紹介。「ここで決勝に進めたのはとてもうれしい。結果は簡単な試合だったかのように見えるが、ハードな試合だった。ククシュキンはしっかり打ち返してきたし、決してあきらめなかった。彼はいいパフォーマンスをしていた」と振り返っている。

 さらに同サイトによると、決勝の相手アンダーソンは「ケイは今グレートなテニスをしている。(自分にとっては)チャレンジになる。けれど、僕にも何かしら打つ手があるので、素晴らしい試合をお見せできると確信している」と錦織に敬意を示しつつも、自信ものぞかせている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー