[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • NBAデビューの渡辺雄太、ファウル誘発プレーを米記者称賛「ナイススピン」

NBAデビューの渡辺雄太、ファウル誘発プレーを米記者称賛「ナイススピン」

米プロバスケットボールNBAのグリズリーズの渡辺雄太は27日(日本時間28日)のサンズ戦で念願のNBAデビューを果たした。2004年にサンズでプレーした田臥勇太(現栃木)以来、日本人2人目の偉業を果たした24歳は第4クオーター(Q)に華麗なプレーでファウルを誘発。記念すべき初得点につなげたが、地元紙記者も「ナイススピン」と称賛している。

NBAデビューを果たした渡辺雄太【写真:Getty Images】
NBAデビューを果たした渡辺雄太【写真:Getty Images】

田臥以来日本人2人目のNBAデビュー飾る

 米プロバスケットボールNBAのグリズリーズの渡辺雄太は27日(日本時間28日)のサンズ戦で念願のNBAデビューを果たした。2004年にサンズでプレーした田臥勇太(現栃木)以来、日本人2人目の偉業を果たした24歳は第4クオーター(Q)に華麗なプレーでファウルを誘発。記念すべき初得点につなげたが、地元紙記者も「ナイススピン」と称賛している。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 プレシーズンの活躍が認められた渡辺は下部リーグに所属しながら、NBAでも45日間選手登録できる「ツーウェイ契約」をグリズリーズと結んでいた。そして、運命の瞬間は第4Q残り4分31秒の時点で訪れた。ウェイン・シェルドンと交代でNBA公式戦のコートに立った。

 最大の見せ場はリバウンドを2つもぎ取った後、残り1分36秒だ。右サイドでパスを受けると果敢に仕掛ける。一瞬フェイントを入れた後にドリブル開始。そして、華麗な反転を見せた後、左手でシュート。マーカーのトニー・ダニエルスにファウルで阻まれ、シュートはリングに惜しくも弾かれた。

 地元紙「メンフィス・フライヤー」のマット・プレストン記者は渡辺がデビュー戦に見せたアグレッシブなアタックをツイッターで称賛。一連のプレーの動画とともに「ユウタ・ワタナベがフープへのナイススピンでファウル誘発」と高く評価している。

 渡辺はフリースローを2本とも成功。4分31秒のプレータイムで2得点、2リバウンド。試合は117対96でグリズリーズが勝利。日本バスケットボール界に渡辺が新たな歴史を刻んだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー