[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、ラケットへ「Whyyyyyy?」絶叫に脚光 本人は“泣き顔”「実際の気分よ」

大坂なおみ、ラケットへ「Whyyyyyy?」絶叫に脚光 本人は“泣き顔”「実際の気分よ」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は24日、1次リーグ第2戦で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同2位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に4-6、7-5、4-6で敗れた。2時間29分の死闘の中ではポイントを奪われ、コートに転がったラケットに「Whyyyyyyyy?」と絶叫する珍リアクションをWTA公式ブログが動画で公開するなど話題を呼び、本人も「実際の気分よ」と“泣き顔”とともにツイートしている。

WTAファイナル出場中の大坂なおみ【写真:小林 靖】
WTAファイナル出場中の大坂なおみ【写真:小林 靖】

最終セット、転がったラケットに絶叫…海外ファン同情「あなたはまだまだ若い」

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は24日、1次リーグ第2戦で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同2位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に4-6、7-5、4-6で敗れた。2時間29分の死闘の中ではポイントを奪われ、コートに転がったラケットに「Whyyyyyyyy?」と絶叫する珍リアクションをWTA公式ブログが動画で公開するなど話題を呼び、本人も「実際の気分よ」と“泣き顔”とともにツイートしている。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 極限の精神状態だった。最終セットの第3ゲーム。大坂のミスからポイントを奪われた直後だ。コートに跪き、目の前に転がったラケットに向かって語り掛けるように「Whyyyyyyyy?」と絶叫。珍しいリアクションだった。夢のWTAファイナル。大きな注目を集めながら、満身創痍の肉体で世界トップ選手とハイレベルな戦いを展開し、追い込まれていた。

 2戦続けてミスが相次ぎ、感情が高ぶった今大会を象徴するようなシーン。「WTAインサイダー」公式ツイッターは「『Whyyyyyyyy?』―ナオミ・オオサカ」とつづり、実際に動画を公開した。すると、心配した海外ファンに「どうしたの」「WTAファイナルで何が起こった」「まだ始まったばかり、若い旅を楽しみ続けて」と同情と激励の声が相次いだ。

 さらに、本人も反応。「実際の気分よ。今日は懸命にプレーしたけど、勝つことができなかった。でも私は多くのことを学んだわ」と泣き顔の絵文字とともに投稿。こちらにも「あなたはまだまだ若い」「素晴らしい試合だった」「まだ長い道がある。集中し続けてね」「明日リフレッシュしてスタートしよう」「諦めないで」とファンの声が相次いだ。

 試合はフルセットの末に惜敗。試合後はラケットを投げたことについて「色々あるけど、完璧主義者なので。自分自身に求めるものが大きい。その上、他人にも期待されると尚更プレシャーが掛かる。そうなるとあれこれ抱え始めて、それが爆発して出てきちゃう」と勝ちたい気持ちが強いゆえに感情コントロールが利かなくなることを明かしていた。

 しかし、連敗となってもまだ第3戦のキキ・ベルテンス(オランダ)戦に勝てば、逆転突破の可能性はわずかに残る。もう一度、神経を研ぎ澄まし、本来の大坂らしさをコートでぶつけるしかない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー