[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • テニスなのに… 超人仏名手の“スラムダンクボレー”に海外喝采「冗談でしょ?」

テニスなのに… 超人仏名手の“スラムダンクボレー”に海外喝采「冗談でしょ?」

男子テニスのエルステバンク・オープンは24日、シングルス1回戦で世界ランク33位のガエル・モンフィス(フランス)が同37位のスティーブ・ジョンソン(米国)を4-6、6-3、6-2で逆転勝ち。2回戦進出を決めたが、第2セットには超人的なスーパーボレーを炸裂。奇想天外なプレーで沸かせる名手の美技をATPが動画付きで公開し、海外ファンから「スラムダンク」に例えられるなど、喝采を呼んでいる。

ガエル・モンフィス【写真:Getty Images】
ガエル・モンフィス【写真:Getty Images】

モンフィスが演じたスーパーボレーが話題「天才」「彼は偉大だ」

 男子テニスのエルステバンク・オープンは24日、シングルス1回戦で世界ランク33位のガエル・モンフィス(フランス)が同37位のスティーブ・ジョンソン(米国)を4-6、6-3、6-2で逆転勝ち。2回戦進出を決めたが、第2セットには超人的なスーパーボレーを炸裂。奇想天外なプレーで沸かせる名手の美技をATPが動画付きで公開し、海外ファンから「スラムダンク」に例えられるなど、喝采を呼んでいる。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 だから、この男のプレーは面白い。モンフィスが規格外の身体能力で沸かせたのは第2セット、モンフィスのサービスゲームだ。相手のリターンを返したモンフィスは素早くネットプレーに出た。最初は体付近に来たショットをボレーで返すと、驚きのプレーは次の瞬間だった。

 ジョンソンが巧みにロブショットでがら空きのバックライン際を狙う。しかし、モンフィスはややバックステップを切って、後方に跳び上がると、高い空中のボールをミート。しかも、相手がいないアウトサイドに向け、強烈に叩き込んだのだ。仰天のプレーに実況は思わず笑い出したほどだった。

 よく見ると、手首のスナップを使わず、競技は違えど、さながらリングに叩きつけるダンクのよう。ATP公式インスタグラムは「この得点の後のあなたの顔 → (驚き顔の絵文字)」とユーモアたっぷりにつづり、動画を公開すると、海外ファンから喝采が瞬く間に降り注いだ。

「天才」
「彼は偉大だ」
「素晴らしいプレー、偉大な選手だ」
「彼は驚くべき才能を持っている」
「ナイスショット」
「マジック!」
「冗談でしょ?」

 コメントが相次ぎ、なかには「スラムダンクだ」と例える声も。試合は見事な逆転勝ちで初戦を突破したモンフィス。シーズン最終盤、持ち前の発想力でファンを魅了するプレーを一つでも多く見せてほしい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー