[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 大坂なおみ、2戦計4時間53分の消耗戦 肉体に大きな代償「痛いとは言わないけど…」

大坂なおみ、2戦計4時間53分の消耗戦 肉体に大きな代償「痛いとは言わないけど…」

女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は24日、1次リーグ第2戦で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同2位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に4-6、7-5、4-6で敗れた。2戦連続フルセットで2時間超えの死闘を演じながら2連敗。試合中に左足を気にする仕草を再三見せ、試合後は肉体が満身創痍であることを明かした。

アンゲリク・ケルバーに死闘の末に敗れた大坂なおみ【写真:小林 靖】
アンゲリク・ケルバーに死闘の末に敗れた大坂なおみ【写真:小林 靖】

シーズン最終盤で2戦連続2時間超、凡ミス計96本に本音「体が悲鳴を上げている」

 女子テニスのツアー最終戦、WTAファイナル(シンガポール、DAZN独占生中継)は24日、1次リーグ第2戦で世界ランク4位・大坂なおみ(日清食品)が同2位のアンゲリク・ケルバー(ドイツ)に4-6、7-5、4-6で敗れた。2戦連続フルセットで2時間超えの死闘を演じながら2連敗。試合中に左足を気にする仕草を再三見せ、試合後は肉体が満身創痍であることを明かした。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 大坂が異変を見せたのは第2セットだった。プレーが途切れると、左太もも裏を気にする素振りを見せた。それも、1度、2度ではない。休憩中にはベンチで左足を伸ばし、ストレッチした。体を異変が襲っているのは明らかだった。気迫でフルセットまで粘ったが、粘り負け。試合後、午前0時近くになって会見に現れた21歳は「大したことはない」と気丈に語った後で「もう今シーズンラストの大会だから、何が何でも最後までやる。痛いとは言わないけど、あまり良い感じはしない」と唇をかんだ。

 無理もない。全米オープン制覇など大躍進した激闘のシーズン。しかも、8人のトップ選手だけが出場する大会だ。簡単に勝つことはできない。初戦のスローン・スティーブンス(米国)戦は2時間24分、この日は2時間29分とともに2時間半近い死闘を演じた。計4時間53分の戦いで生まれたアンフォーストエラーが46、50の計96と代償は大きい。「状況を踏まえてなるべく我慢強くプレーしているつもりだけど、試合時間が長い。2時間以上の試合は自分にとって新境地」ともどかしさを隠すように語った。

 会見の最後に体調について問われると、本音を覗かせた。「シーズンの終わりなので体が悲鳴を上げている。『何でまだプレーしているの?』と聞いてくる」。しかし、戦いから決して逃げない。「でも全てが新しいし、この大会に出れるのは名誉なことなので最後の最後までやる」と悲壮な決意を語った。逆転突破をするためには第3戦のキキ・ベルテンス(オランダ)戦の勝利は絶対条件。1日でも長くシーズンを送るため、大坂は「ワクワクさせてくれる大会」という夢舞台を最後まで完全燃焼する。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー